2019年1月27日(日)
京都11R シルクロードS(G3)
――――――――――――――
◎ 13番 ダイメイプリンセス
○ 2番 ダノンスマッシュ
▲ 1番 ナインテイルズ
☆ 10番 ラブカンプー
△ 6番 ラインスピリット
△ 8番 エスティタート
△ 17番 アレスバローズ
――――――――――――――

モリモト
今年の4歳馬は特に人気上位馬が多いですが、統計では4歳馬が勝ってない

担当:モリモト

13番 ダイメイプリンセス
騎手 秋山真一郎

前走のスプリンターズSはGI馬のなか惜しくも4着に敗れたが、前にいった馬が有利な展開の中、9番手から追い込んだ内容は決して上位の馬達にヒケをとらないです。秋山騎手が昨年アイビスサマーダッシュを優勝した際のコメントで「とにかく直線1000Mが合う馬です。コーナーのあるレースとは手応えが違います」て言葉が決めて。

 

相手 2番 ダノンスマッシュ
騎手 北村友一

前走の京阪杯でしっかりと重賞勝ちハイレベルな4歳世代。父ロードカナロア産駒の力か。管理しているのも安田隆厩舎で父と同じ。京都コースは2戦2勝と得意、逃げの手はないがが、ラブカンプー同様に番手から差す競馬を得意。

 

1番 ナインテイルズ
騎手 福永祐一

前々走の京阪杯2着、前走の淀短距離Sでは鮮やか差し切り優勝。京都の1200Mで持ち味の末脚を引き出して連続好走。8歳にて今は充実期を迎えているというくらいに好調。

 

注意 10番 ラブカンプー
騎手 M.デムーロ

前走スプリンターズSを3歳の秋にして逃げた馬をしっかり交わして、GI短距離レースを2着の存在。たっぷり充電して迎える今年4歳初戦を全力で走る馬としてしっかり上位争いに入ります。
 

馬連
軸 | 13
相手| 1, 2, 6, 8, 10, 17
6通り 各1,000円

合計 6,000円

⇒結果 2-8-18

2019年1月26日(土)
中京11R 愛知杯(G3)
――――――――――――――
◎ 1番 レッドジェノヴァ
○ 11番 ノームコア
▲ 8番 ランドネ
☆ 4番 コルコバード
△ 9番 ウラヌスチャーム
△ 12番 エテルナミノル
――――――――――――――

ASOM
人気上位のみで決着した年は一度もないし荒れると匂いプンプンだが

担当:ASOM

1番 レッドジェノヴァ
騎手 M.デムーロ

前走のエリザベス女王杯G1で得意の瞬発力は相当なもで4着と力を見せた。牝馬とは思えないボリュームのある体で、割とどんなコースでも力を出せる器用さをもってるし今回はミルコ・デムーロ騎手への手替わりで必勝態勢ばっちり。

 

相手 11番 ノームコア
騎手 C.ルメール

前走2番人気になったエリザベス女王杯でも見せ場充分で5着と奮闘。まだ体質の弱さが見えるが今回は強さを示した紫苑Sと同じ2000Mと十分に見直せる。

 

8番 ランドネ
騎手 戸崎圭太

前走の修学院SではNHKマイルカップ3着の実績を持つG1馬レッドヴェイロン相手に勝ち切りレース展開さえ噛み合えば、軽快な先行力を武器上位争いに加わるな。最終追切でも単走一杯で、しっかりと負荷を掛けられて走れているけど体調面に不安はないな。

注意 4番 コルコバード
騎手 丸山元気

約2ヶ月半の休み明けのG1からG3への格下戦。統計では複勝率100%の左回りコースを大得意。抜群の相性を誇る左コースで伸び脚は際立っせ、有終の美を飾る可能性も捨てきれない。

馬連
軸 | 1
相手| 4, 8, 9, 11, 12
5通り 各1,000円

合計 5,000円

⇒結果 5-11-8

2019年1月20日(日)
中山11R AJCC(G2)
――――――――――――――
◎ 1番 ジェネラーレウーノ
○ 5番 ダンビュライト
▲ 4番 フィエールマン
☆ 6番 ミライヘノツバサ
△ 9番 ショウナンバッハ
△ 10番 メートルダール
――――――――――――――

ASOM
菊花賞馬フィエールマンに注目が集まるな、配当を考えて高め予想

担当:ASOM

1番 ジェネラーレウーノ
騎手 矢野英一

前走、菊花賞では3000M距離のためかスローに落とし過ぎ、瞬発力勝負で敗退したが、相変わらず動き抜群やな。中山では4戦3勝で唯一の敗戦が皐月賞3着。かなり特化したコース適性の持ち主で中山2200Mならば強気の競馬で押し切るな。

 

相手 5番 ダンビュライト
騎手 北村友一

前走チャレンジCではゲートの中で突進して口を切るアクシデントだが、叩いて上昇の感が見える。戦法は逃げもしくは先行で昨年に続く連覇を期待。最大の敵はやはり気性面やな。

 

4番 フィエールマン
騎手 C.ルメール

体質がとにかく虚弱でエンジンの掛かりが遅い面をもとながら、デビューから4戦目で菊花賞馬に見事に輝き、最大能力値はまだまだ計り知れない。小回りの中山ではレース展開が鍵になるな。
 

注意 6番 ミライヘノツバサ
騎手 北村宏司

前走アンドロメダSで直線で脚が大きく上がったが6着、型通りに良化ムードを辿っているな、一昨年のこのレースを3着やし日経賞G2では小差2着の健闘したしな冬場に強いタイプでもあり、そろそろの気配あるな。

馬単
軸 | 1
相手| 4, 5, 6, 9, 10
5通り 各1,000円

合計 5,000円

⇒結果 8-4-10

2019年1月19日(土)
京都11R すばるステークス
――――――――――――――
◎ 2番 スマートダンディー
○ 8番 サクセスエナジー
▲ 15番 バイラ
☆ 6番 ドライヴナイト
△ 5番 ショコラブラン
△ 7番 アキトクレッセント
――――――――――――――

モリモト
先行勢総崩れという事態考えず、1400mを使ってきてた馬

担当:モリモト

2番 スマートダンディー
騎手 武豊

前回のオープン、欅ステークスを11着ながら1.2秒差、スローの前残りで展開も無しと惨敗。前走三河Sは鮮やかな末脚で1番人気に答え優勝。石橋調教師は「包まれた位置取りで後ろになったけど、大外からパワーでねじ伏せるように差し切った内容は着差以上に良い仕上がり」京都ダート実績もありOP復帰戦で本領発揮。

 

相手 8番 サクセスエナジー
騎手 松山弘平ー

昨年はかきつばた記念G3、さきたま杯G2と交流重賞で2勝を挙げ前走兵庫GTでも逃げて頭差2着と実績が抜けている。5戦ぶりの勝利を狙う斤量56キロ雄大な黒鹿毛の馬体は最終追切でも持ち味のスピードが発揮、上位争い濃厚。

 

15番 バイラ
騎手 和田竜二

京都ダート1400Mを2勝を上げて、端午Sを制した時の和田騎手に手が戻るのも好材料。前走でようやく自分の本来得意の短距離走を思い出しいる。

 

注意 6番 ドライヴナイト
騎手 藤岡佑介

強気に逃げで行ってくれれば面白い2018年すばるS(OP)の覇者。

 

馬連
軸 | 2
相手| 5, 6, 7, 8, 15
5通り 各1,000円

合計 5,000円

⇒結果 8-2-12  的中9000円

2019年1月14日(月)
中山11R 京成杯(G3)
――――――――――――――
◎ 9番 シークレットラン
○ 5番 ランフォザローゼス
▲ 12番 ダノンラスター
☆ 10番 ナイママ
△ 2番 ヒンドゥタイムズ
△ 11番 リーガルメイン
――――――――――――――

モリモト
地方競馬所属のナイママ、大敗から中央クラッシク制覇へ再度、殴り込みをかける

担当:モリモト

9番 シークレットラン
騎手 内田博幸

前走の葉牡丹賞を2歳コースレコードで快勝でした。馬場の差がありますが同開催のホープフルSより2秒速いタイムを出した。差す競馬を得意に持てる能力開花です。体重を増やしてパフォーマンスを上げて、再度の同条件と言う面から勝ち切ってきます。

 

相手 5番 ランフォザローゼス
騎手 O.マーフィー

前走の葉牡丹賞は直線で進路が塞がり、抜け出すのにもたついたが2着力量は示す。スムーズな競馬ができていれば逆転もあったという内容。展開も後方有利だったので道中5番手にいたこの馬にとっては、1着馬シークレットランよりも厳しかったことを考えると、今回もしぶとさがいきれば逆転は可能です。

 

12番 ダノンラスター
騎手 M.デムーロ

前走は東スポ杯2歳Sをラスト直線で何度も進路を変えるロスを出しながら、5着食い込むポテンシャルは血統的でもディープインパクト産駒を感じる証拠です。鞍上が中山得意とするM.デムーロなんで巻き返しが可能です。

 

注意 10番 ナイママ
騎手 柴田大知

前走、東京スポーツ杯2歳Sを直線でフラフラつき13着と負けすぎ感もありますが、東京コースは明らかに適性外です。前々走の札幌2歳Sではニシノデイジーにタイム差なしの2着と能力は高い馬。中山の小回りに変わる今回、走れる適性を示せれば少々警戒

 

馬連
軸 | 9
相手| 2, 5, 10, 11, 12
5通り 各1,000円

合計 5,000円

⇒結果 7-5-2