6月26日(日)
3歳以上オープン
阪神・芝2200m 定量

コース概要

正面スタンド前の直線、第4コーナーの出口付近でもある右端からスタート。正面スタンドを通過したあとは、芝2000mと同じルートをたどるため、3~4コーナーは内回りコースに入る。ゴール前200m地点から120mの間に、高低差1.8mの急坂を一気に駆け上がる。前々で競馬をするなら最後までバテない粘り強さが、差し馬は末脚の持続力が要求される。

展開

スタートから1コーナーまでの距離が長く先行争いは激しくなりにくいが下り坂なので前半は速くなりがち。1・2コーナーが小回りでペースが落ち着くものの3コーナーから下り坂になっておりペースが上がる。逃げや好位からの抜け出しが基本になるが、直線の坂もあり直線が平坦な京都芝2200mと比べても差しが決まりやすいコース。下り坂を利用して4コーナーでスピードに乗せておきたい。

枠順の有利不利

内枠有利な傾向で、5枠馬は不振。

有利な脚質

逃げ馬、先行馬など、前に行ける馬が活躍。

血統

グラスワンダー産駒、ステイゴールド産駒、フジキセキ産駒が回収率が高く狙い目。

登録馬

アンビシャス、カレンミロティック、キタサンブラック、サトノクラウン、サトノノブレス、シュヴァルグラン、ステファノス、タッチングスピーチ、ドゥラメンテ、トーホウジャッカル、ヒットザターゲット、フェイムゲーム、マジェスティハーツ、マリアライト、ヤマカツエース、ラストインパクト、ラブリーデイ、ワンアンドオンリー。

 

6月19日(日)
3歳以上オープン
函館・芝1200m 別定

コース概要

向こう正面の直線、第2コーナー奥にあるポケットからスタート。最初のコーナーまでは緩やかな上り坂。カーブの途中に頂上があって最後の直線半ばにかけて緩やかに下り、その後ゴールまでは平坦というコース。

展開

基本的に逃げ~好位で競馬をする馬の活躍が目立つ。コース形態から450m付近で好位につけていることがベスト。そのままのスピードで下り坂を利用し、流れ込むパターンが多い。差し馬の好走は3コーナーからスピードに乗せ、下り坂を利用するパターンと内で脚を溜め直線確り伸びるパターンが多いが前者はコースロス、後者は直線で馬群に詰まることがある。馬場傾向と騎手を掴めば狙いたいところだ。開催日数の減少で馬場悪化が遅くなることに加え、コース替わりの影響もあり、追込馬の好走は以前と比べて少なくなったが、レース前半の先行争いが激しくなった場合、人気薄の無欲の追い込みが決まることも稀にある。3・4コーナーが緩く下り坂で直線が短いことが要因だろう。

枠順の有利不利

枠による差はほぼないが、内枠が若干有利。

有利な脚質

逃げ、先行馬が圧倒的有利だが、馬場が荒れると外差しも決まる。

血統

ファルブラヴ産駒、デュランダル産駒、クロフネ産駒が回収率が高く狙い目。

登録馬

アクティブミノル、アースソニック、エポワス、オデュッセウス、オメガヴェンデッタ、キャンディバローズ、シュウジ、スカイキューティー、セイコーライコウ、セカンドテーブル、ソルヴェイグ、ティソーナ、ティーハーフ、ファントムロード、ヤマニンプチガトー、レッツゴードンキ、ローレルベローチェ。

 

6月12日(日)
3歳以上牝馬オープン
阪神・芝2000m 

ハンデ

コース概要

スタートは正面スタンド前、直線右の第4コーナー出口付近。内回りのコースを使用して、1周強回る。残り200m付近でゴール前の急坂があり、約120mの間に高低差1.8mを一気に駆け上がる。キレよりも、最後の急坂を一気に登れるパワーが問われる。

展開

スタート後長く下り坂が続くため自然とペースが速くなりやすい。逃げ~好位で競馬ができる馬の好走が多く特に4コーナー先頭の馬の勝率が抜けている。4コーナー4番手以内はキープしておきたい所。また、京都芝2000mと比べて僅かながら差しが決まっている。開催が進むにつれ脚質には注意したい。また3コーナーから4コーナーでポジションを上げた馬の好走も多い。

枠順の有利不利

枠による差はほぼないものの、内枠馬が若干有利。

有利な脚質

逃げ馬、先行馬など、前に行ける馬が活躍。

血統

スペシャルウィーク、ステイゴールド、シンボリクリスエス産駒が回収率が高く狙い目。

登録馬

アカネイロ、ウインリバティ、ココロノアイ、ゴールドテーラー、シャイニーガール、シュンドルボン、ショウナンバーキン、セウアズール、タガノエトワール、ナムラアン、ノットフォーマル、ハピネスダンサー、ヒルノマテーラ、メイショウマンボ、リラヴァティ、レッドオリヴィア。

6月5日(日)
3歳以上オープン
東京・芝1600m 

定量

コース概要

向正面の奥からのスタート。スタート後緩やかな坂を下り、向正面の坂を1.5m上る。初めのコーナーまでの距離は長い。3~4コーナーは大きく緩やかなコーナー。また3コーナー~4コーナーに向かって2.3mの坂を下りつつコーナーを回り525.9mの直線へ。直線は2.1m程の上り坂。直線が長く非常にタフな直線となっている。

展開

スタート後長く下り坂が続くため自然とペースが速くなりやすい。その為逃げ馬は最後の直線でばててしまうケースも多く、極端なトラックバイアスがないと逃げ切りは厳しい。初めのコーナーまでの距離が長い為、枠順による不利は少ないもののコーナーまで外を周るロスを考えると内枠の方が競馬がしやすい。直線が長い為追い込みも決まるケースがあるが、基本は先行~差しの好走が多い。速いペースで最後の直線でバテない強さが求められるケースが多くなる。

枠順の有利不利

枠順での有利差はほとんど無い。

有利な脚質

差し・追込がやや有利。

血統

ディープインパクトが好走率が高く注目。その他、ステイゴールド・デュランダルが回収率が高く狙い目。

登録馬

イスラボニータ、クラレント、サトノアラジン、サトノギャラント、ダノンシャーク、ダノンプラチナ、ディサイファ、フィエロ、マジックタイム、メイショウマンボ、モーリス、リアルスティール、レッドアリオン、ロゴタイプ、ロサギガンティア、コンテントメント。

5月29日(日)
3歳オープン
東京・芝2400m 

牡57キロ 牝55キロ

コース概要

直線のほぼ真ん中からのスタート。スタート後は平坦で初めのコーナーまで約350m程。1コーナーから向正面までジワジワと下り坂が続き、向正面の半ばで上り坂を迎える。そこから3コーナーへ向かって下り、ジワジワ上りながら直線へ向かう。直線は525.9mの長さ。直線半ばで高低差2.1mの上り坂が待ち受けている。

展開

初めのコーナーまでの距離が約350mであるが、コーナーが緩く大きなカーブである為、外枠の馬は道中のコースロスが生じる。そのため1コーナーから2コーナーをスムーズに運べるかがポイントとなる。直線の長さや距離もありペースはスローになりやすい。直線が長い為好位~中団からレースをし、使える上がりが速い馬が理想。雨と雨上がりにはトラックバイアスの影響も大きく注意したい。

枠順の有利不利

内枠馬が若干有利な傾向で、中でも1枠馬に注目したい

有利な脚質

後ろからの脚を使える、差し、追い込み馬に注目したい

血統

ジャングルポケット、ディープインパクト、アグネスタキオン産駒に注目

登録馬

アグネスフォルテ、アジュールローズ、イモータル、ヴァンキッシュラン、エアスピネル、サトノダイヤモンド、シャドウアプローチ、ジョルジュサンク、スマートオーディン、ディーマジェスティ、ブラックスピネル、ブレイブスマッシュ、プロディガルサン、プロフェット、マイネルハニー、マイネルラフレシア、マウントロブソン、マカヒキ、リオンディーズ、レインボーライン、レッドエルディスト、ロイカバード、ロードクエスト。