2月10日(日)
4歳以上オープン
京都・芝2200m 別定

コース概要

 

正面スタンド、直線入り口付近からのスタート。
1~2コーナーは平坦で、向こう正面バックストレッチ半ばから徐々に坂を上る。
3コーナー付近で頂上を迎え、4コーナーにかけて下るというレイアウト。
外回りの分コーナーは緩いが、傾斜がキツいという特徴がある。

展開

スタンド前の発走なので気性面で不安のある馬は気を使いたい所。
スタートから初めのコーナーまでの距離が短くなく普通程度。
先行争いも激しくならない。
1.2コーナーが急であることと向正面の上り坂もありペースも落ち着きやすい。
内外関係なく好位でレースを進める馬が有利。
また3コーナー過ぎの下り坂を利用し、スピードを上げて直線もその勢いのまま良い脚を長く使うケースも目立つ。
外回りコースなので4コーナーを回った後、内にスペースが空きやすく内々を周っても詰まるケースは少ない。
騎手の技量も問われやすいコース。

枠順の有利不利

内枠馬が有利な傾向。

有利な脚質

逃げ馬、先行馬など、前に行ける馬が活躍。

血統

ディープインパクト、ジャングルポケット、ホワイトマズル、マヤノトップガン産駒に注目。

登録馬

アクションスター,カフジプリンス,ケントオー,ステイフーリッシュ,タイムフライヤー,ダッシングブレイズ,ダンビュライト,ノーブルマーズ,パフォーマプロミス,ハートレー,ブラックバゴ,マカヒキ

 

ASOM
登録馬の中で気になる一頭は一タイムフライヤー。前走の中山金杯ではゴール前でしぶとく詰め寄って0.2秒差5着。30日でもCWコースで好時計を叩き出し、仕上がりも申し分なし。久々の勝利で完全復活となるか!?

2月3日(日)
4歳以上オープン
東京・芝1600m 

定量

コース概要

向正面の奥からのスタート。スタート後緩やかな坂を下り、向正面の坂を1.5m上る。初めのコーナーまでの距離は長い。3~4コーナーは大きく緩やかなコーナー。また3コーナー~4コーナーに向かって2.3mの坂を下りつつコーナーを回り525.9mの直線へ。直線は2.1m程の上り坂。直線が長く非常にタフな直線となっている。

展開

スタート後長く下り坂が続くため自然とペースが速くなりやすい。その為逃げ馬は最後の直線でばててしまうケースも多く、極端なトラックバイアスがないと逃げ切りは厳しい。初めのコーナーまでの距離が長い為、枠順による不利は少ないもののコーナーまで外を周るロスを考えると内枠の方が競馬がしやすい。直線が長い為追い込みも決まるケースがあるが、基本は先行~差しの好走が多い。速いペースで最後の直線でバテない強さが求められるケースが多くなる。

枠順の有利不利

枠順での有利差はほとんど無い。

有利な脚質

差し・追込がやや有利。

血統

ディープインパクトが好走率が高く注目。その他、ステイゴールド・デュランダルが回収率が高く狙い目。

登録馬

インディチャンプ,グァンチャーレ,ゴールドサーベラス,サトノアレス,ジャンダルム,ショウナンアンセム,ストーミーシー,タワーオブロンドン,テトラドラクマ,ヤングマンパワー,リライアブルエース,レアリスタ,レイエンダ,レッドオルガ,ロジクライ,ロードクエスト

ASOM
登録馬の中で気になる一頭は一昨年のダービー馬レイデオロの全弟レイエンダ。骨折で春のクラシックを棒に振ったものの、デビュー3連勝で挑んだセントライト記念で2着。1番人気に応えられなかったが、キャリアを考えれば高評価。血統背景から、マイルで新味が出る可能性は十分。

1月27日(日)
4歳以上オープン
京都・芝1200m ハンデ

コース概要

 

向こう正面直線半ば付近からスタート。
3コーナーにかけてすぐに上り坂になっており、中山芝1200mとは対照的なコース。
3~4コーナーは内回りコースを使用し、3コーナー入り口付近にある坂の頂上から一気に駆け下りる。
最後の直線は中山競馬場に次いで短い。

展開

スタートから初めのコーナーまでの距離が短い為、先行争いは激しい。
また外枠の場合コースロスも大きくなる。
スタート直後の上り坂の影響もあり前半は見た目異常にタフな展開が多い。
下り坂を利用し、直線も内回りであることから流れ込むケースも目立つ。
その為、逃げ~先行の好走が目立つ。
直線が短く、外から大外に持ち出すとコースロスが大きい為差し馬には不利なケースが多い。
トラックバイアスが外なら好走できる。

枠順の有利不利

内枠馬が有利な傾向。

有利な脚質

逃げ馬、先行馬など、前に行ける馬が活躍。

血統

キングカメハメハ、タイキシャトル、スウェプトオーヴァーボード産駒に注目。

登録馬

アレスバローズ,アンヴァル,エスティタート,カラクレナイ,キングハート,コウエイタケル,コスモドーム,サイタスリーレッド,ストーミーシー,セイウンコウセイ,ダイメイプリンセス,ダノンスマッシュ,ティーハーフ,トウショウピスト,ナインテイルズ,ノボバカラ,ビップライブリー,フミノムーン,ペイシャフェリシタ,ユキノアイオロス,ライトフェアリー,ラインスピリット,ラブカンプー,リョーノテソーロ

 

ASOM
登録馬の中で気になる一頭は昨秋の京阪杯を制した明け4歳馬ダノンスマッシュ。昨年の夏の北海道からスプリント界へ転身。キーンランドカップで2着後、久々だった秋の京阪杯では18頭のフルゲートを難なくさばき重賞初制覇を飾った。重賞連勝に期待が持てる。

1月20日(日)
4歳以上オープン
中山・芝2200m 別定

コース概要

 

第4コーナーを曲がり終えたホームストレッチの右端からスタート。
芝2000mのスタート地点から、少し右に移動したところ。
外回りのコースを使うため、第2コーナーまでは直線に近い緩やかなカーブ。
向こう正面の山の頂上から3~4コーナー中間くらいまで緩やかなカーブを通ることになるため、スピードに乗りやすい。
ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

展開

スタート後に急坂を上る為、前半はそれほど速くならない。
中盤は主に下り坂でペースが速くなる。折り合いに不安のある馬はここでスタミナを消耗しやすく直線の坂でバテてしまう傾向がある。
変則なカーブであることから一団でレースが進んだ場合、大外枠はコースロスを受ける。
立ち回りの上手さと激しいアップダウンを苦にしない馬が有利となる。
トラックバイアスの傾向を受けやすい為、極端に逃げ先行馬しか来ないこともしばしば。
下り坂を利用して外から押上げる馬差し馬も悪くない。

枠順の有利不利

外枠馬が有利な傾向で、5~8枠に注目。

有利な脚質

逃げ馬、先行馬など、前に行ける馬が活躍。

血統

アグネスタキオン、シンボリクリスエス、ステイゴールド産駒に注目。

登録馬

アクションスター,サクラアンプルール,ジェネラーレウーノ,シャケトラ,ショウナンバッハ,ステイインシアトル,ダンビュライト,フィエールマン,マイネルミラノ,ミライヘノツバサ,メートルダール

 

1月13日(日)
4歳以上オープン
京都・芝2400m ハンデ

コース概要

 

4コーナー奥のポケット地点からのスタート。
初めのコーナーまで600m程あり非常に長い。
スタート後は平坦なコースとなっている。1.2コーナーはやや急カーブになっている。
向正面半ばから3コーナーの丘へ向かって上り坂になる。
そこから4コーナーへ向かって下り坂になる。
直線は平坦で長さは400m程。
コースの高低差は4.3m。

展開

コーナーまでの距離が長い為、枠順による優劣は少ないく比較的緩やかなペースでレースが進む。
3コーナーの頂上から各馬スパート開始になり下り坂を利用して一気にスピードを上げる。
その勢いのまま直線に向かう。ゴール前の直線も400m程あることから、差し・追込馬が好走する。
先行馬にも注意が必要だが、最も注意したいのは単騎の大逃げ。
後続の各馬が差し馬の人気馬をマークした場合に人気薄の単騎大逃げが決まるケースが見られる。

枠順の有利不利

内枠馬が有利な傾向。

有利な脚質

先行馬が有利だが、差し、マクリ馬が活躍。

血統

アグネスタキオン、マンハッタンカフェ、オペラハウス産駒に注目。

登録馬

アイトーン,アフリカンゴールド,ウインテンダネス,エーティーサンダー,ガンコ,グローリーヴェイズ,ケントオー,サラス,シュペルミエール,ダッシングブレイズ,ノーブルマーズ,マサハヤドリーム,ミライヘノツバサ,ムイトオブリガード,メイショウテッコン,ルックトゥワイス,ロードヴァンドール