5月26日(日)
3歳オープン
東京・芝2400m 牡57kg 牝55kg

コース概要

直線のほぼ真ん中からのスタート。スタート後は平坦で初めのコーナーまで約350m程。1コーナーから向正面までジワジワと下り坂が続き、向正面の半ばで上り坂を迎える。そこから3コーナーへ向かって下り、ジワジワ上りながら直線へ向かう。直線は525.9mの長さ。直線半ばで高低差2.1mの上り坂が待ち受けている。

人気成績(過去20年のデータより)

詳しくはこちら

単勝オッズ成績(過去20年のデータより)

詳しくはこちら

脚質成績(過去20年のデータより)

詳しくはこちら

枠順成績(過去20年のデータより)

詳しくはこちら

種牡馬成績※東京芝2400m※(過去5年のデータより)

詳しくはこちら

登録馬

アドマイヤジャスタ,ヴィント,ヴェロックス,エメラルファイト,カフジジュピター,クラージュゲリエ,ザダル,サトノルークス,サートゥルナーリア,シュヴァルツリーゼ,タガノディアマンテ,ダノンキングリー,ダノンチェイサー,ディスモーメント,トーラスジェミニ,ナイママ,ニシノデイジー,ヒルノダカール,ヒーリングマインド,マイネルサーパス,メイショウテンゲン,ランフォザローゼス,リオンリオン,レッドジェニアル,ロジャーバローズ

 

morimoto
登録馬の中で気になる一頭はサートゥルナーリア。4戦4勝の皐月賞馬。舞台が東京の2400mに替わる点も、中山の2000mと違ってまぎれが少ないだけにプラスと考えて良し。不安要素はルメール騎手の騎乗停止となったため、ダミアン・レーン騎手に乗り替わること。

5月19日(日)
3歳牝馬オープン
東京・芝2400m 55キロ

コース概要

直線のほぼ真ん中からのスタート。スタート後は平坦で初めのコーナーまで約350m程。1コーナーから向正面までジワジワと下り坂が続き、向正面の半ばで上り坂を迎える。そこから3コーナーへ向かって下り、ジワジワ上りながら直線へ向かう。直線は525.9mの長さ。直線半ばで高低差2.1mの上り坂が待ち受けている。

展開

初めのコーナーまでの距離が約350mであるが、コーナーが緩く大きなカーブである為、外枠の馬は道中のコースロスが生じる。そのため1コーナーから2コーナーをスムーズに運べるかがポイントとなる。直線の長さや距離もありペースはスローになりやすい。直線が長い為好位~中団からレースをし、使える上がりが速い馬が理想。雨と雨上がりにはトラックバイアスの影響も大きく注意したい。

枠順の有利不利

内枠馬が若干有利な傾向で、中でも1枠馬に注目したい

有利な脚質

後ろからの脚を使える、差し、追い込み馬に注目したい

血統

ジャングルポケット、ディープインパクト、アグネスタキオン産駒に注目

登録馬

アイリスフィール,アクアミラビリス,ウィクトーリア,ウインゼノビア,エアジーン,エールヴォア,カレンブーケドール,グラディーヴァ,クロノジェネシス,コントラチェック,シェーングランツ,シゲルピンクダイヤ,シャドウディーヴァ,ジョディー,ダノンファンタジー,ノーワン,ビーチサンバ,フィリアプーラ,フェアリーポルカ,メイショウアステカ,メイショウショウブ,ラヴズオンリーユー,ルタンブル

 

morimoto
登録馬の中で気になる一頭はラヴズオンリーユー。前走の忘れな草賞で無傷3連勝。全兄にはドバイターフを制したリアルスティール。3戦全て上がり3Fが最速で、走るごとに2着馬との差を広げてきた。初の東京コースもこなせるはず。

5月12日(日)
4歳オープン以上牝馬
東京・芝1600m 定量

コース概要

向正面の奥からのスタート。スタート後緩やかな坂を下り、向正面の坂を1.5m上る。初めのコーナーまでの距離は長い。3~4コーナーは大きく緩やかなコーナー。また3コーナー~4コーナーに向かって2.3mの坂を下りつつコーナーを回り525.9mの直線へ。直線は2.1m程の上り坂。直線が長く非常にタフな直線となっている。

展開

スタート後長く下り坂が続くため自然とペースが速くなりやすい。その為逃げ馬は最後の直線でばててしまうケースも多く、極端なトラックバイアスがないと逃げ切りは厳しい。初めのコーナーまでの距離が長い為、枠順による不利は少ないもののコーナーまで外を周るロスを考えると内枠の方が競馬がしやすい。直線が長い為追い込みも決まるケースがあるが、基本は先行~差しの好走が多い。速いペースで最後の直線でバテない強さが求められるケースが多くなる。

枠順の有利不利

枠順での有利差はほとんど無い。

有利な脚質

差し・追込がやや有利。

血統

ディープインパクトが好走率が高く注目。その他、ステイゴールド・デュランダルが回収率が高く狙い目。

登録馬

アエロリット,アマルフィコースト,カンタービレ,キャナルストリート,クロコスミア,サウンドキアラ,サトノワルキューレ,ソウルスターリング,デンコウアンジュ,ノームコア,プリモシーン,フロンテアクイーン,ミエノサクシード,ミッキーチャーム,メイショウオワラ,ラッキーライラック,レッツゴードンキ,レッドオルガ,ワントゥワン

 

morimoto
登録馬の中で気になる一頭はラッキーライラック。前走の阪神牝馬ステークスで8着に敗退。単勝1.5倍の断然人気を裏切る結果ではあったが、道中で身動きが取れない位置に入り、直線は内にささる面も見受けられた。桜花賞2着、オークス3着、中山記念で2着と健闘。東京マイルでも実績アリと好素材。

3月24日(日)
4歳以上オープン
中京・芝1200m 定量

コース概要

 

向正面の半ばからスタート。スタート直後は緩やかな上りだが、すぐ下り坂になり直線入口まで続く。3・4コーナーはもちろん下り坂。急カーブであることからスパイラルカーブが導入されている。直線は改修されたことで約100m程伸び412.5m。高低差2.3mの上り坂を上った所がゴール。

展開

トラックバイアスがあれば話は変わるが、改修後逃げ切りが難しくなっている点が特徴。好位からの抜け出しや中団からの差しが決まるケースが目立つ。4番手~8番手ぐらいが理想か。またアップダウンが大きいため、1400mや1600mから距離が短縮される馬の好走も目立つ。後方からの差しきりも見受けられる。

枠順の有利不利

外枠馬が圧倒的に有利な傾向。

有利な脚質

後ろからの脚を使える、差し、追い込み馬が活躍。

血統

クロフネ、キングカメハメハ産駒の好走が目立つ。

登録馬

アレスバローズ,カイザーメランジェ,キングハート,グランドボヌール,ショウナンアンセム,スノードラゴン,セイウンコウセイ,ダイメイフジ,ダイメイプリンセス,ダノンスマッシュ,デアレガーロ,ティーハーフ,ナックビーナス,ヒルノデイバロー,フミノムーン,ペイシャフェリシタ,ミスターメロディ,モズスーパーフレア,ラインスピリット,ラブカンプー,レッツゴードンキ,ロジクライ

 

morimoto
登録馬の中で気になる一頭はダノンスマッシュ。京阪杯、シルクロードSと重賞連勝中。2013年のこのレース優勝を含み歴史的な活躍をしたロードカナロアの産駒。いま一番勢いのある一頭。

3月17日(日)
4歳以上オープン
阪神・芝3000m 別定

コース概要

 

向こう正面の直線左、第2コーナーの出口付近からスタート。
内回りコースのみを使用し、コーナーを6回通過してコースを約1周半する。
最後の直線ではゴール前200m地点から約120mの間に高低差1.8mの急勾配を一気に駆け上がる。

展開

阪神大賞典のみでの施行だけにサンプルは少ないが4コーナーで2.3番手にいる馬の好走が多い。
ディープインパクトも出走していたが4コーナーでは2番手の位置取り。
後方から勝てたのも過去にトウカイトリックのみ。
基本は先行馬からということになる。
また3コーナーからの下り坂を利用して押上げる馬には要注意。

枠順の有利不利

内枠馬が有利な傾向。

有利な脚質

先行力のある馬、中でも先行馬が活躍。

血統

ハーツクライ、ステイゴールド産駒に注目。

登録馬

アドマイヤエイカン,ヴォージュ,カフジプリンス,ケントオー,コルコバード,サイモンラムセス,シャケトラ,ステイインシアトル,ソールインパクト,リッジマン,ロードヴァンドール

 

morimoto
登録馬の中で気になる一頭はシャケトラ。骨折のため長期休養。復帰初戦のアメリカジョッキークラブCで鮮やかな差し切り勝ち。全5勝中3勝を阪神で挙げているコース巧者。好勝負が見込める。