栗東坂路1番時計をマークして自己ベストを更新!!

先週もCWで6F81秒1~1F11秒7の快時計をマークと、7歳馬ながら元気一杯の走りを見せているが、過去の成績を紐解いてみれば8月は2戦2勝

この時季に調子を上げ結果を出している。

小倉で今回のメンバーで最多の4勝を挙げており、この時期の小倉競馬場ではこの馬にとって歓迎すべき絶好の舞台。

※参照画像・netkeiba.com

 

今週の最終追い切りで、一杯に追われる昨年のアイビスサマーダッシュの2着馬ラブカンプーを馬なりで2馬身追走し5馬身先着!!

1週前も同様にラブカンプーを圧倒している。

3ヵ月間ぶりのレースとなるが、ここ目標に調整!!

発揮できる好状態に仕上がっている。

今年は4戦全て掲示板外だが、3戦無敗の得意の舞台で巻き返しを狙う!!

※参照画像・netkeiba.com

 

先週今週の追い切りで意欲的追われ、51秒台の好時計をマーク。

4ヵ月の休養明けだが、元気一杯の走りを披露!!

49秒台の自己ベストを持つ快速馬だが、2週続けて51秒台のタイムを過去にだしたことはなく状態は好調!!

このレースを目標に仕上がり良好で、大型馬の久々でも狙い目は十分。

※参照画像・netkeiba.com

 

軽快なフットワークで、馬なりでラストまでよく伸びた。

馬なりでラスト1F12.4秒は日曜の出走馬で最速のタイムをマーク。

前走は休み明けだったが、メンバー最速上がりを繰り出して5馬身差の圧勝

稍重馬場での快走で、明日も同様の馬場状態が見込めるのもプラス素材

※参照画像・netkeiba.com

 

7月10日(水)の栗東坂路で1番時計をマーク。

栗東坂路で49.9秒の自己ベストを持つアスタースウィング。

2週前が重馬場を馬なりで51.0秒、先週は余力残しで50.5秒、今週は時計のかかる馬場を活力ある動きで50.0秒と、ケイコを重ねる事に時計を短縮。

今回出走するコースでは1分8.0秒で3着と好走した実績あり。

また、7月~9月にこれまで4走中【1-0-3-0】と全て馬券に絡み、この時季に調子を上げる一面も。

※参照画像・デイリースポーツ