クロノジェネシス

古馬が集う唯一の牝馬限定、エリザベス女王杯

注目もするのはバゴ産駒のクロノジェネシス

春のクラシック戦線では3着に終わったが

前走5カ月ぶりの出走となった秋華賞でGI初制覇!!

デビューから堅実な走りで【4・1・2・0】と全て馬券に絡んでいる。

メイショウマンボ以来の、秋華賞&女王杯同年Vを目指す。

※参照画像・netkeiba.com

 

ルックトゥワイス

多くのスターホースを輩出したアルゼンチン共和国杯

注目もするのはステイゴールド産駒のルックトゥワイス

前走の目黒記念をコースレコードで快勝。

スタート直後に他馬と接触する不利があり後方からレースを進めたが、

メンバー最速の上がり3F34.3秒で一気に突き抜けた。

秋初戦に予定していた京都大賞典を調教中の外傷で

回避するアクシデントがあったが、その後の調整は順調。

前走から2キロ増のトップハンデ57キロを克服できるはず。

※参照画像・netkeiba.com

 

アーモンドアイ

中距離王者決定戦となる天皇賞・秋

注目もするのはロードカナロア産駒のアーモンドアイ

現役最強の牝馬!!

東京コースで4戦してジャパンCオークスを含む3勝!!
今回と同じ距離の秋華賞でも豪快な追い込みで強い競馬を披露!!

1600mだと忙しい印象もあるので、今はこのくらいの距離がベスト!!

約5カ月ぶりの実戦となるが、これは予定どおりで、
昨秋もオークスから約5カ月を空けた秋華賞で快勝している。

前走の安田記念で3着に敗れた借りを返し、
現役最強馬が秋初戦から貫禄を示してくれるはず!!

※参照画像・netkeiba.com

 

ヴェロックス

クラシック最終戦となる菊花賞

注目もするのはジャスタウェイ産駒のヴェロックス

春は皐月賞でサートゥルナーリアと大接戦の末にアタマ差の2着

続くダービーは中団から追い上げたが、クビ差、2馬身半差の3着に敗れた。

秋初戦の神戸新聞杯は3度目の対戦となったサートゥルナーリアに3馬身突き放されたものの、ラスト3F32秒5の末脚を披露!!

ライバル馬不在のこの一戦。

ここは負けられない!!

※参照画像・netkeiba.com

 

ダノンファンタジー

牝馬クラシック最終戦となる秋華賞

注目もするのはディープインパクト産駒のダノンファンタジー

昨年の2歳女王!!

復帰初戦のローズステークスを快勝!!

1週前調教では、6ハロン79秒1-12秒0を馬なりでマークした。

桜花賞、オークスの無念をここで晴らしたいところ!!

※参照画像・netkeiba.com