2019年7月21日(日)
函館11R 函館2歳S(G3)
――――――――――――――
◎ 5番 タイセイビジョン
○ 3番 レッドヴェイパー
▲ 16番 ゴッドスター
☆ 1番 ビアンフェ
△ 10番 バブルガムダンサー
△ 13番 プリモジョーカー
――――――――――――――

ASOM
2歳重賞はデータがなく難儀な傾向、最終週ということも相まってタフな馬場で曇り予報、先行馬も多数そろっている

【スクールホース】ここのクチコミ見てるとビアンフェを押ししてるみたいやな

担当:ASOM


5番 タイセイビジョン
騎手 C.ルメール

新馬戦は阪神芝1400M、後続に2馬身半の差をつけ快勝やった。4コーナーにて先団に取り付き、外々を回りながらも余裕ある手応えで抜け出し着差以上の強さ、1200Mへの距離短縮には対応できるな。

相手 3番 レッドヴェイパー
騎手 北村友一

6月15日の新馬戦を除外されるアクシデントの後、6月23日新馬戦でハナ差の接戦を制し待望の初勝利。その後2着馬、3着馬も未勝利戦を圧勝と水準が高いレースと分かるな。北村騎手も内ラチで競馬することが得意なので枠も優秀、前々で立ち回れる能力をさらにの開花に期待で。

16番 ゴッドスター
騎手 池添謙一

新馬戦は不良馬場での競馬だったしラップタイムはそこまでよくまかった、しかし不良馬場で後方一気で勝ち切れたので函館最終のタフな馬場には向いている。外枠やけど差し馬なのでそこまで大きなデメリットではないく池添騎手も函館は得意で意外と上位争いにも、一雨あるとさらにおもしろそう。

注意 1番 ビアンフェ
騎手 藤岡佑介

新馬戦は2着で敗れたが、前走の未勝利戦でヴェスターヴァルトとの激しい叩き合いを制し、キャリア2戦目で初勝利。キズナ産駒で馬体重500kg前後の大型馬、叩かれて馬体が研ぎ澄まされている状態、先行勢の中でうまく前で競馬できればチャンス



馬連
軸 | 5
相手| 1, 3, 10, 13, 16,
5通り 各1,000円

合計 5,000円

⇒結果 1-5-8 

 的中 12700円

2019年7月20日(土)
函館11R 函館日刊スポーツ杯
――――――――――――――
◎ 13番 ジョーマンデリン
○ 5番 ダノンジャスティス
▲ 16番 ホウオウカトリーヌ
☆ 2番 ハウメア
△ 1番 スビールアスール
△ 8番 ナンヨーアミーコ
――――――――――――――

モリモト
 勢いのある3歳馬ジョーマンデリン、ダノンジャスティス対、安定の古馬ハウメア、ナンヨーアミーコの面白い構成でいきましょう

担当:モリモト


13番 ジョーマンデリン
騎手 吉田隼人

前走の道新スポーツ杯は好記録で優勝。函館競馬場に舞台を移してからは2戦2勝と1勝クラス、2勝クラスと1番人気でしっかり勝ち連勝中、52キロとまだ斤量も有利です。小回り向きで洋芝への対応力は高く積極策で優勝を狙えますね。

相手 5番 ダノンジャスティス
騎手 藤岡佑介

前走の噴火湾特別をアタマ差ながら勝利。新馬戦を楽々と勝ち函館芝1200Mを2連勝して昇級してきました。時計が若干遅かったですが3連勝もありでしょう。ダノンファンタジー同様に連勝することでG1への道が見えますね。

16番 ホウオウカトリーヌ
騎手 横山武史

前走のTVh杯は9着と差し込めず。近走もG1・G2を格差を見せられて凡退。3走前のフェアリーS(G3)を2着についたよう馬群ですっと控えて脚をためる、直線は力強く伸びて、ゴール前できっちり差し込むレースセンスが出せれば表彰台にも。

注意 2番 ハウメア
騎手 C.ルメール

前走のTVh杯はアブミが外れる位置取りが後ろになるという厳しい状況でしたが、昇級戦でもあったためか上がり最速の脚で2着まで追い上げ驚きました。2走前に半年ぶりの復帰戦を制し、スタートをこなせば函館6Fなら崩れない安定3歳馬勢いでチャンスあり

馬連
軸 | 13
相手| 1, 2, 5, 8, 16,
5通り 各1,000円
合計 5,000円
⇒結果 2-13-5

   的中 5600円

2019年7月14日(日)
函館11R 函館記念(G3)
――――――――――――――
◎ 1番 レッドローゼス
○ 10番 ステイフーリッシュ
▲ 9番 ポポカテペトル
☆ 8番 メートルダール
△ 5番 ドレッドノータス
△ 11番 マイネルサージュ
――――――――――――――

ASOM
レッドローゼスも不振傾向の1番人気に支持される可能性もあんだよな

過去の統計
2010年以来8年連続で1番人気が連対を外している状況やしハンデ重賞の函館記念は例にもれず波乱の決着となる可能性

【うまとみらいと】ここのクチコミではエアスピネル、ステイフーリッシュ、レッドローゼスを押ししてるみたいやな

担当:ASOM


1番 レッドローゼス
騎手 蛯名正義

前走の福島民報杯は長く良い脚を使い優勝。デビュー当時から高いポテンシャルの片鱗を覗かせていた馬でやったし生涯成績は1着6回、2着6回、3着5回が示すコンスタントに表彰台にはいており実績の持ち主。以外にも重賞挑戦やけど近走で対戦して来たメンバーを考慮すれば十分に通用する力はある。

相手 10番 ステイフーリッシュ
騎手 中谷雄太

前走の鳴尾記念(G3)では3着。中距離重賞でコンスタントに3度馬券圏内に来るなど堅実な走りを見せている馬やな、スムーズにロスなく立ち回れる形が取れたら大崩れはしないな。今回はハンデ57.5キロを背負う点が少し心配かな。

9番 ポポカテペトル
騎手 岩田康誠

前走の目黒記念(G2)は長期休み初戦ということもありなかなか反応が悪く12着。鞍上岩田騎手は函館で好成績やし、この馬とも馬券内に入ってるので安心だけど函館記念の距離2000Mが少し短い感じやな。叩いて中身が出来てきいたらどうなるかな。

注意 8番 メートルダール
騎手 武藤雅

前走の新潟大賞典(G3)は9着と凡走。力関係だけでいえばAJCC(G2)新潟記念(G3)と馬券内に入っているのでこのメンバーの中では有力やしスタミナにも不安はないな。今回は得意の左回りで直線が長いコースとは逆の函館、マイスタイルの高速逃げに対応できたらチャンスはあり。



馬連
軸 | 1
相手| 5, 8, 9, 10, 11, 12,
6通り 各1,000円

合計 6,000円

⇒結果 4-6-10

2019年7月13日(土)
福島11R やまびこS
――――――――――――――
◎ 7番 ハニージェイド
○ 6番 バーニングペスカ
▲ 3番 ヒザクリゲ
☆ 1番 メイショウアリソン
△ 8番 オーヴァーライト
△ 11番 テンクウ
――――――――――――――

モリモト
 人気上位のレレマーマは戸崎騎手を配したけど競走除外もあり休養が1年5カ月近くになってるので

担当:モリモト


7番 ハニージェイド
騎手 柴田大知

前走のBSイレブン賞は休み明け格上ともあり11着。前々走、3走前ダート1200の激走があるように、かなりの好素質馬と見て間違いないです。追切でここに向けてキッチリと乗り込まれたことにより、先行策、早めの仕掛けで好走は可能です。

相手 6番 バーニングペスカ
騎手 津村明秀

前走の4歳以上京都ダート1200で2着を5馬身差で圧勝したスピードの持ち主です。昇級戦ですがメンバー的に先行粘り込みが可能だろ、芝のスプリント戦でも好勝負を演じてきたスピード馬です。小回りの福島1150mというコースでも問題ないでしょう。

3番 ヒザクリゲ
騎手 横山典弘

前走のラジオ福島賞を1分7秒9という好記録で優勝、前々走の4歳以上ダート1000Mの勝ちっぷりも鮮やかで短距離ダートのスプリンターとして3連勝もありそうですが、明日の福島は重場、昇級戦にもあたるので表彰台には。

注意 1番 メイショウアリソン
騎手 木幡巧也

前走のシドニーTは4番人気だったが途中ばててしまい12着。ひと押しに欠けるが4勝のうち何と3勝が道悪ダートでかっているので明日の雨予報の福島、高速場にならなければ流れ込みはあるでしょう。

馬連
軸 | 7
相手| 1, 3, 6, 8, 11,
5通り 各1,000円
合計 5,000円
⇒結果 3-4-1

【サイト名】俺の競馬 

【予想プラン】無料予想

◎ 10番 フランシスコダイゴ

○ 6番 バーニングペスカ

▲ 8番 オーヴァーライト

2019年7月7日(日)
福島11R 七夕賞(G3)
――――――――――――――
◎ 15番 クレッシェンドラヴ
○ 8番 タニノフランケル
▲ 13番 ウインテンダネス
☆ 3番 ロシュフォール
△ 7番 カフェブリッツ
△ 16番 クリノヤマトノオー
――――――――――――――

ASOM
去年の七夕賞では単勝100倍を超える人気薄が優勝して荒れたけどここ10年ではまれだしな

過去の統計からみると
過去10年の1番人気馬の戦績は3-1-2-4、勝率30%、連対率40%、複勝率60%やから過去10年では昔ほど1番人気の信頼度は低くなってないし、こうみると過去10年の1番人気馬の信頼度は平均的やな。

最終追切

クチコミ



担当:ASOM


15番 クレッシェンドラヴ
騎手 内田博幸

前走の福島民報杯はレッドローゼスに敗れ2着。決して弱い馬ではないしな。道悪に強いステイゴールド産駒やし展開もハマりそうですし斤量も好条件、外枠を引いてしまったので無理して内を狙うよりかは身構えて後ろから様子をみて、前走より適性のありそうな今回の舞台で前進を期待やな。

相手 8番 タニノフランケル
騎手 福永祐一

前走の鳴尾記念(G3)は3番人気だったけど8着と凡退。ウォッカの仔ということでデビュー時から注目されてきたけど、前走、前々走は少し壁に当たっている感じやな。今回は逃げ馬勢揃いなのでこの馬むけやし、好位付けの形が取れそうで粘り込みであるな。

13番 ウインテンダネス
騎手 柴田大知

前走の目黒記念(G2)で6着を含めここ5戦が惨敗中やけど、条件戦2000Mの成績はそこそこついるし福島と相性はいいしな。逃げ馬が揃ってるのでペースも流れを乱されずに。ハナにいけてた頃のようにスタートで推していったら1発逆転もあるな。

注意 3番 ロシュフォール
騎手 三浦皇成

前走の新潟大賞典(G3)は重賞初挑戦で1番人気に推されたが結果は0.1秒差の3着。優勝馬メールドグラースは次走の鳴尾記念もかっているし内容的には十分よかった。この馬の好走パターンは全て軽い高速馬場の切れ味勝負で上がり最速と堅実に終いの脚をつかってくる馬やし道悪になったらどうなるかな。



馬連
軸 | 15
相手| 3, 7, 8, 13, 16,
5通り 各1,000円

合計 5,000円

⇒結果 12-15-9