1枠1番・アドマイヤマーズ
コース 栗坂(重)
タイム 53.4-38.9-25.8-12.9(G強)
関係者コメント 先週よりも今週の方が追い切りでの手応えが良くいい反応で併入しました。競馬に向かって上向いていますね。(津曲助手)

1枠2番・サトノルークス
コース CW(重)
タイム 52.1-38.5-12.2(G強)
関係者コメント 間隔は詰まるけど、カイ食いも良くダメージはないです。叩いて素軽さが出てきたし、むしろ上積みはありますね。(橋口調教師)

2枠3番・ファンタジスト
コース 栗坂(重)
タイム 52.3-37.6-24.3-12.1(一杯)
関係者コメント 前走は馬の間を割って、しっかり脚を使ってくれました。上がりも優秀で、とても収穫があるレースでした。(田代助手)

2枠4番・ダノンキングリー
コース 美P(良)
タイム 64.7-50.6-37.3-11.6(馬なり)
関係者コメント 最終追いは少しペースが遅い中でも折り合いがついて動きも良かったです。いい形で競馬に向かえると思います。(斉藤調教師)

3枠5番・ランスオブプラーナ
コース CW(重)
タイム 85.9-68.1-53.2-39.4-12.2(馬なり)
関係者コメント 前走のアネモネSは正直七分くらいの状態での勝利でした。上積みはかなりのものがあるから、GⅠ戦でも期待です。(田村調教師)

3枠6番・クラージュゲリエ
コース CW(重)
タイム 83.8-67.7-53.4-40.7-12.6(強め)
関係者コメント 前走は道中でなし崩しに脚を使い、最後は甘くなった。体調は上向きでメンバー強化でも楽しみです。(栗田調教師)

4枠7番・ヴェロックス
コース 栗芝(稍)
タイム 86.9-70.1-53.7-37.4-11.2(馬なり)
関係者コメント 前走は前半にエネルギーを使ってしまい直線は伸び切れなかった。叩いた上積みはあるしリズム良く運べれることに期待。(高野調教師)

4枠8番・ニシノデイジー
コース 南W(稍)
タイム 67.5-51.9-37.7-12.7(強め)
関係者コメント 2週続けて追走される形で似たシチュエーションの追い切りを行いました。今週の方が落ち着きがありますね。(津曲調教師)

5枠9番・メイショウテンゲン
コース CW(重)
タイム 82.9-67.0-53.3-40.0-12.8(一杯)
関係者コメント 1週前にジョッキー騎乗でビシッと追いました。今週はラスト1Fに重点を置いての調整です。いい状態で臨めます。(池添調教師)

5枠10番・シュヴァルツリーゼ
コース 南W(重)
タイム 53.4-38.9-12.3(馬なり)
関係者コメント 1週間前にジョッキーが乗り、前走よりも状態が上がっていると好感触です。ここに入っても楽しみです。(森助手)

6枠11番・ラストドラフト
コース 南W(稍)
タイム 66.2-52.1-39.0-12.9(馬なり)
関係者コメント 前走の直前の雨、滑るような馬場になったのが痛かった。中間の感触は良く出来もいいのでここは巻き返したい。(戸田調教師)

6枠12番・サートゥルナーリア
コース CW(重)
タイム 70.0-54.5-40.3-11.8(馬なり)
関係者コメント 2週続けて調教にまたがって感触は上々です。ポテンシャルはかなり高く、いいイメージでレースに臨めれます。(ルメール騎手)

7枠13番・ブレイキングドーン
コース CW(重)
タイム 85.5-68.3-53.5-39.5-12.2(G強)
関係者コメント しっかりと負荷をかけてやってきたした。今週の動きも良かったです。いい感じで臨めるので頑張ってほしいです。(白倉助手)

7枠14番・ダディーズマインド
コース 南W(稍)
タイム 68.1-52.4-38.2-12.7(馬なり)
関係者コメント 中2週も疲れはないしです。むしろ状態は上向きです。相手は強いが出たなりの位置で自分のリズムで運んでほしいです。(中尾助手)

7枠15番・クリノガウディー
コース 栗坂(重)
タイム 53.4-38.6-25.3-13.0(馬なり)
関係者コメント 久々を叩いて良くなっているし、今度は息持ちも違うはず、道中でためが利けばこの距離でも問題なく(藤沢調教師)

8枠16番・タガノディアマンテ
コース 栗坂(重)
タイム 55.8-40.8-26.3-12.9(仕掛)
関係者コメント 最終追い切りは重馬場でもノメることなくしっかり動けていました。徐々に気性も成長しているので楽しみです。(野田助手)

8枠17番・アドマイヤジャスタ
コース 栗坂(重)
タイム 52.6-39.1-25.9-13.0(一杯)
関係者コメント 先週、先々週としっかりやれています、今週もいいフットワークです。使ったことでより良くなっています。(須貝調教師)

8枠18番・ナイママ
コース 南W(稍)
タイム 84.1-68.4-52.9-37.9-12.5(強め)
関係者コメント テンションを上げないようじっくりと調整を進めてきました。持久力勝負に持ち込んで、しぶとさを生かせれば。(武藤調教師)

2019年4月7日(日)
阪神11R アーリントンC(G3)
――――――――――――――
◎ 12番 ヴァンドギャルド
○ 3番 ヴァルディゼール
▲ 14番 フォッサマグナ
☆ 17番 ミッキーブリランテ
△ 10番 カテドラル
△ 15番 ユニコーンライオン
――――――――――――――

モリモト
距離短でくるクラッシク路線馬よりマイラーとして使われていたような馬が優勢

担当:モリモト

12番 ヴァンドギャルド
騎手 M.デムーロ

前々走のきさらぎ賞(G3)で賞金を加算して皐月賞に臨みたかったですが4着凡走。前走の毎日杯(G3)はあえて最後方で我慢する競馬、1番人気に推されたが3着。しかし久々にこの馬本来の末脚を発揮して、次に繋がる内容です。新馬戦を快勝した阪神マイルに戻って初の1600M決めたい一戦です。

相手 3番 ヴァルディゼール
騎手 北村友一

前走のシンザン記念(G3)では4番人気だったが見事優勝。負かした馬達のその後のレース内容をみても、メンバーレベル的には決して低くなく、寧ろかなりのレベルの馬達を負かしたとも言えます。前々走の新馬戦を勝って僅かキャリア1戦で挑んでの快勝ということで、素質の高さを示しています。

14番 フォッサマグナ
騎手 C.ルメール

前々走の共同通信杯(G3)で強敵相手に4着。上位とは多少力差を感じたがキャリア2戦目の内容としては上々です。前走はの歳500万下戦にて1番人気にこたえて見事1着。平場戦とは言え勝ちっぷりはかなり良かったので、まだまだ強くなりそうな雰囲気は感じます。スピードの活かせるマイルならば重賞でも見劣りしないです。

注意 17番 ミッキーブリランテ
騎手 坂井瑠星

前々走のシンザン記念(G3)では3着に敗れたましたが、前走3歳500万下ではしっかりと優勝。過去2戦2勝の阪神コース、平坦コースよりも、パワーが生きる坂コースの方が持ち味が生きるタイプで、ここは待望の重賞制覇のチャンス。



馬連
軸 | 12
相手| 3, 10, 14, 15, 17
5通り 各1000円

合計 5,000円

⇒結果 9-10-11

2019年4月7日(日)
阪神11R 桜花賞(G1)
――――――――――――――
◎ 4番 クロノジェネシス
○ 15番 ダノンファンタジー
▲ 16番 シゲルピンクダイヤ
☆ 14番 ビーチサンバ
△ 8番 グランアレグリア
△ 9番 アクアミラビリス
――――――――――――――

モリモト
クロノジェネシスの中団で脚を溜めて、直線で突き抜ける競馬を期待

担当:モリモト

4番 クロノジェネシス
騎手 北村友一

前々走の阪神JF(G1)はスタートで2馬身ほど出遅れましたが勝馬ダノンファンタジーと接戦に持ち込んでの2着。位置取りやスタートひとつで優勝が入れ替わっていても不思議ではない内容です。前走のクイーンC(G3)は着差こそないものの走りの内容としてはまさに完勝でした。走りの質も高く桜花賞に向けて順調そのもの。鞍上の北村友一騎手は先週の大阪杯(G1)をアルアインと初制覇。個人的にここでG1を2週連覇を期待したいです。

 

相手 15番 ダノンファンタジー
騎手 川田将雅

新馬戦でのグランアレグリアに敗戦の2着以外は全て着差を付けて勝ち切っています。しっかりポジションの取れる馬ですが、前々走の阪神JF(G1)ではあえて控えた競馬を試してながらもG1を勝ち切ってしまうので器の大きさを感じます。前走チューリップ賞(G2)では本来の先行、好位置から差し切る競馬で勝利。普通に強く重視したいです。

 

16番 シゲルピンクダイヤ
騎手 和田竜二

前走のチューリップ賞(G2)で出遅れたが2歳女王ダノンファンタジーを上回る末脚を使って見事に2着。休み明け、未勝利勝ちから重賞を初挑戦という高いハードルをクリアし驚かされた。まだまだ底を見せていないだけに、クラシック本番で既成勢力を飲み込んでしまう不気味も十分にあります。

注意 14番 ビーチサンバ
騎手 福永祐一

前々走の阪神JF(G1)のダノンファンタジーやクロノジェネシスについで3着馬。前走のクイーンC(G3)は出遅れスタートからの競馬、4角で優勝馬クロノジェネシスと同じような位置から仕掛けて差し切れず2着。どんな展開でも終いしぶとい脚を使う馬で、厳しい流れになったときにこそ浮上の目が大きく、そろそろ逆転の目もありそうです。



馬単
軸 | 4
相手| 8, 9, 14, 15, 16
5通り 各1000円

合計 5,000円

⇒結果 8-16-4


1枠1番・シェーングランツ
コース 南W(良)
タイム 69.4-53.4-39.0-12.9(馬なり)
関係者コメント 先週よりも今週の方が追い切りでの手応えが良くいい反応で併入しました。競馬に向かって上向いていますね。(津曲助手)

1枠2番・エールヴォア
コース 栗坂(良)
タイム 53.3-39.3-25.4-12.1(一杯)
関係者コメント 間隔は詰まるけど、カイ食いも良くダメージはないです。叩いて素軽さが出てきたし、むしろ上積みはありますね。(橋口調教師)

2枠3番・ノーブルスコア
コース 栗芝(稍)
タイム 64.1-48.8-35.8-12.2(仕掛け)
関係者コメント 前走は馬の間を割って、しっかり脚を使ってくれました。上がりも優秀で、とても収穫があるレースでした。(田代助手)

2枠4番・クロノジェネシス
コース CW(良)
タイム 86.2-69.8-54.3-40.2-11.9(馬なり)
関係者コメント 最終追いは少しペースが遅い中でも折り合いがついて動きも良かったです。いい形で競馬に向かえると思います。(斉藤調教師)

3枠5番・ルガールカルム
コース 美坂(良)
タイム 54.2-39.2-25.3-12.6(強め)
関係者コメント 前走のアネモネSは正直七分くらいの状態での勝利でした。上積みはかなりのものがあるから、GⅠ戦でも期待です。(田村調教師)

3枠6番・ホウオウカトリーヌ
コース CW(良)
タイム 81.5-67.0-53.3-40.1-12.5(馬なり)
関係者コメント 前走は道中でなし崩しに脚を使い、最後は甘くなった。体調は上向きでメンバー強化でも楽しみです。(栗田調教師)

4枠7番・アウィルアウェイ
コース 栗坂(良)
タイム 53.4-38.6-25.3-12.5(馬なり)
関係者コメント 前走は前半にエネルギーを使ってしまい直線は伸び切れなかった。叩いた上積みはあるしリズム良く運べれることに期待。(高野調教師)

4枠8番・グランアレグリア
コース 南W(良)
タイム 69.1-53.8-39.7-12.8(馬なり)
関係者コメント 2週続けて追走される形で似たシチュエーションの追い切りを行いました。今週の方が落ち着きがありますね。(津曲調教師)

5枠9番・アクアミラビリス
コース 栗坂(良)
タイム 53.1-38.2-24.4-12.3(強め)
関係者コメント 馬体の張りツヤが良く、数字以上に大きく見せています。理想通りの追い切りができたので好レースを期待です。(吉村調教師)

5枠10番・フィリアプーラ
コース 南W(良)
タイム 53.2-39.3-12.6(仕掛け)
関係者コメント 極端なスローでしたが、よく差し切ってくれたました。環境の変化に敏感で、初コースが鍵で決め手は互角ですね。(菊沢調教師)

6枠11番・メイショウケイメイ
コース 栗坂(良)
タイム 52.4-37.4-23.9-12.2(仕掛け)
関係者コメント 先週は長めから追い切ったきましたが、楽な手応えでゴールできています。思い通りの調整ができているので差のない競馬を期待です。(南井調教師)

6枠12番・ノーワン
コース 栗坂(良)
タイム 51.7-38.0-24.8-12.3(一杯)
関係者コメント 最終追い切りは52秒台で上がりを伸ばす指示でしたが、無理をせずに51秒7をマークしたので動きも良かったですね。(笹田調教師)

7枠13番・ジュランビル
コース CW(良)
タイム 81.9-65.0-50.4-37.0-11.7(馬なり)
関係者コメント 楽に先手が取れたので、好位置から運べそうなメンバー構成ですね。徐々に筋肉がついてきたし、上積みを感じます。(寺島調教師)

7枠14番・ビーチサンバ
コース 栗阪(良)
タイム 54.9-40.1-26.2-12.8(仕掛け)
関係者コメント ゲート練習は問題ないです。体の使い方が良くなってきた。フットワークもいい感じになっています。(大江助手)

7枠15番・ダノンファンタジー
コース 栗坂(稍)
タイム 62.5-47.8-34.4-11.4(馬なり)
関係者コメント 今週のケイコも走る気は強かったが、よく我慢できていた。これが競馬に向けていい準備になっている。(川田騎手)

8枠16番・シゲルピンクダイヤ
コース 栗坂(良)
タイム 53.6-38.4-24.7-12.3(G強)
関係者コメント 時計のかかる馬場だったが動きは悪くなかったです。中間からリングバミに替えたら、もたれる面はマシになりました。(渡辺調教師)

8枠17番・レッドアステル
コース 栗坂(良)
タイム 53.2-39.5-26.3-13.0(仕掛け)
関係者コメント カイ食いのいい馬ではないのですが早めに栗東入りで環境にもなじんで落ち着きがあるし、力は出せそうです。(国枝調教師)

8枠18番・プールヴィル
コース 栗坂(良)
タイム 54.2-39.3-25.4-12.3(馬なり)
関係者コメント 実績は1400Mだけど、レースが上手なのでマイル戦にも対応可能です。うまく脚をためて運べれば楽しみはあります。(庄野調教師)

2019年4月6日(土)
阪神11R 阪神牝馬S(G2)
――――――――――――――
◎ 1番 サラキア
○ 8番 ミッキーチャーム
▲ 9番 メイショウオワラ
☆ 4番 ラッキーライラック
△ 2番 ワントゥワン
△ 6番 カンタービレ
――――――――――――――

ASOM
1番人気には過剰人気の匂いし、穴馬も人気薄もディープインパクト産駒

担当:ASOM

1番 サラキア
騎手 池添謙一

前走の京都金杯(G3)で2番人気だったが馬群に包まれ7着に凡走。ローズS(G2)で2着に入り、前々走の秋華賞(G1)でも4着に結果。前走はかなり期待したが案外な走りだったな。上がり勝負になりやすい阪神芝1600M外回りコースはピッタリな条件やし、スタートの出来次第でこの馬の末脚を生かせる舞台が整う。

 

相手 8番 ミッキーチャーム
騎手 川田将雅

前走の中山牝馬S(G3)では先行馬には厳しい展開で抑えようとしても、馬群みな前にいってしまい最後はバテて14着。単騎逃げなら粘れる可能性は充分あったな。秋華賞(G1)2着時のように、マイペースの単騎逃げの形に持ち込む事ができれば、復活Vを決める事になっても不思議ない素質十分。

 

9番 メイショウオワラ
騎手 秋山真一郎

今年のメンバーで唯一の前走1着馬。阪神芝1600mで4戦2勝というまずまずの結果を残し2年前のローズS(G2)でリスグラシュー相手に0.1秒差の競馬をした事があり重賞で全く足りない馬というわけではない。年明け2戦目で更なる調子上昇が見込めるところも魅力的なので、1600万下レースを勝ち上がったばかりの“格下”であっても十分勝負できるな。

注意 4番 ラッキーライラック
騎手 石橋脩

前走の中山記念(G2)はかなり手強いメンツ相手に2着と健闘。前々走の秋華賞G1では急造の仕上げで状態もよくなかく9着。今回は阪神JF(G1)で勝った舞台。過去の走りを見ればこの舞台替わりはプラスやし、マイルは重賞3つを含めて全4勝を挙げている得意距離。能力を発揮できれば確かに好走の可能性はあるな。



3連複(軸1頭流し)
軸 | 1
相手| 2, 4, 6, 8, 9
10通り 各500円

合計 5,000円

⇒結果 8-14-12