2018年12月16日(日)
阪神11R 朝日杯FS (G1)
――――――――――――――
◎ 2番 グランアレグリア
○ 14番 ファンタジスト
▲ 11番 ケイデンスコール
☆ 6番 アドマイヤマーズ
△ 4番 ドゴール
△15番 エメラルファイト
――――――――――――――

ASOM
若い戦いで前走の重賞を勝ってきた馬ばかりやし、どう選ぶかが難しいな。1番人気のグランアレグリア牝馬が、無傷の3連勝中の牡馬たちとの戦い方にも注目

担当:ASOM

2番 グランアレグリア
騎手 C.ルメール

新馬戦はスタートでロスがあったけど、直線で2着を抜いた決め脚は見事圧勝、勝ち時計も優秀やな。
牝馬やのに前走サウジアラビアロイヤルカップを見事に勝ち、速い脚を使える脚質を武器に。

 

相手 14番 ファンタジスト
騎手 武豊

今回のメンバーで唯一の重賞2勝馬。
能力の開花が早い馬が揃った前走の京王杯2歳ステークスでは接戦としながら見事に勝利
マイルは初めてやけど現在3戦3勝と無敗を進んでるから、さらなる期待値で

 

11番 ケイデンスコール
騎手 C.デムーロ

新潟2歳Sを接戦のハナで差し切り、直線での鋭い末脚は勝負根性を感じられた。
右回りが初という不安はあるが、阪神ジュベナイルフィリーズを制したばかりのC.デムーロで安心。
配当に期待やな。

 

注意 6番 アドマイヤマーズ
騎手 M.デムーロ

新馬から3戦3勝と負けのない馬の一角
スローペースからでもスパっと逃げた前走
追い切りでも反応が鈍ったように見えたが牡馬の維持で期待。

 

馬単
軸 | 2
相手| 4, 6, 11, 14, 15
5通り 各1,000円

合計 5,000円

2018年12月15日(土)
中山11R ターコイズS (G3)
――――――――――――――
◎ 10番 プリモシーン
○ 13番 フロンテアクイーン
▲ 5番 フローレスマジック
☆ 3番 ミスパンテール
△ 4番 ハーレムライン
△ 15番 カワキタエンカ
――――――――――――――

モリモト
昨年のこのレースで2着馬フロンテアクイーンが、去年の覇者ミスパンテールにどう挑むか

担当:モリモト

10番 プリモシーン
騎手 C.ルメール

古馬相手に今夏の関屋記念を勝利、中山マイルでもフェアリーS勝利、重賞2勝の実績、
秋華賞は7着と瞬発力のある脚が不在にみえたが、外枠から本位置に入れなかっただけです。
3歳馬としてベストのマイル戦に戻れば差し脚を長く使え本領発揮です。

 

相手 13番 フロンテアクイーン
騎手 O.マーフィー

クビ差で2着だった昨年のこのレース、今年は重賞タイトルが欲しい。
重賞戦線を含め7戦連続で馬券圏内に入る高いレベルで常に安定した力を出せる脚。
中団待機策で中山マイル戦が最も力を出せる舞台です。

 

5番 フローレスマジック
騎手 C.ルメール

1000万からの2連勝中で過去には重賞2着、3着も2度のある実力馬で、単なる上がり馬ではなく、切れ味は抜群の自在な脚があります。
鞍上には頼れる兄貴、ルメール騎手とコンビで、苦手なスタートを克服すれば勝機あります。

 

注意 3番 ミスパンテール
騎手 横山典弘

マイル戦の頂上、ヴィクトリアマイルで5着と好走。マイル戦では1番結果を出し、
昨年のこのレースの覇者ここでは格上です。
エリザベス女王杯で格上の相手に負かされたが、G3では勝利を飾りたい

 

馬単
軸 | 10
相手| 3, 4, 5, 13, 15
5通り 各1,000円

合計 5,000円

2018年12月9日(日)
阪神11R 阪神JF (G1)
――――――――――――――
◎ 4番 シェーングランツ
○ 13番 ダノンファンタジー
▲ 5番 メイショウショウブ
☆ 11番 ビーチサンバ
△ 2番 ジョディー
△ 9番 クロノジェネシス
――――――――――――――

モリモト
シェーングランツが後方からじわじわと人気馬ダノンファンタジーを追い込む姿

担当:モリモト

4番 シェーングランツ
騎手 武豊

スタートの下手さは課題ですが、前走アルテミスSの勝ちタイムは1分33秒台のレコードを出しています。
スピード勝負にも充分対応でき、長く脚を使えるのも特徴です。
2年前の覇者ソウルスターリングと半姉も決め手の一つです。

 

相手 13番 ダノンファンタジー
騎手 C.デムーロ

前走ファンタジーSはゴール前での余裕は驚かされた、伸び盛りの馬。人気でも数字でも、自在な脚があり切れ味は抜群です。
前走の距離は1400mと今回よりも200mほど短いけど、激戦になるGIでさらに持ち味が発揮されますね。

 

5番 メイショウショウブ
騎手 池添謙一

父ダイワメジャー、母父キングカメハメハと大舞台で活躍できる血統の持ち主。
牡馬相手の前走デイリー杯2歳(G2)Sを2着に入っているが人気が出てないのが??
追い切りもタイム的も動きも普通な内容だが、好位差しができるのでオッズ的にも魅力。

 

注意 11番 ビーチサンバ
騎手 福永祐一

今年から2戦しかレースを経験していないが、スローペースだった新馬戦を見事1着。
逆にハイペースだったアルテミスSを2着と、違う流れを、全くものともせずに好走を続けており、モノの違いを感じます。

 

馬連
軸 | 4
相手| 2, 5, 9, 11, 13
5通り 各1,000円

合計 5,000円

⇒結果 13-9-11  順当にきました。残念です。

2018年12月8日(土)
中京11R 中日新聞杯 (G3)
――――――――――――――
◎ 3番 グレイル
○ 7番 ギベオン
▲ 14番 マイスタイル
☆ 11番 メートルダール
△ 1番 エンジニア
△ 12番 ストロングタイタン
――――――――――――――

ASOM
大敗してる2頭が名誉挽回として、パワー勝負で力を発揮するな

担当:ASOM

3番 グレイル
騎手 津村明秀

G1の舞台では思ったような結果は残せなかったグレイル。
大敗直後だからこそ、デビュー2連勝で重賞を制覇した能力を取り戻すな。
ポテンシャルは高さは疑いようがないしな。

 

相手 7番 ギベオン
騎手 C.デムーロ

前走セントライト記念3番人気で13着の大敗のギベオン。
前走は少し距離が長く、せっかくの差し足の使えなかったしな
9月以来の実戦になるが、最終追い切りは強めに追っている併せ馬に楽に先着出来ていたしな。

 

14番 マイスタイル
騎手 田中勝春

前回どうように大外枠を引いたからすんなり逃げるな。
能力がある先行馬として今回は脚質の被る馬もいないしな。

 

注意 11番 メートルダール
騎手 福永祐一

今年に入って3レースしか走っていないが、前走【新潟記念】で2着に入ってるしな。
前年度の覇者に能力に衰えがないことを結果で証明しているな。
普通にスタートしたら上位争いに絡むな。

 

馬連
軸 | 3
相手| 1, 7, 11, 12, 14
5通り 各1,000円

合計 5,000円

⇒結果 7-10-12  ハズレ

2018年12月2日(日)
中京11R チャンピオンズC (G1)
――――――――――――――
◎ 2番 ルヴァンスレーヴ
○ 11番 オメガパフューム
▲ 8番 ケイティブレイブ
☆ 9番 サンライズソア
△ 1番 アンジュデジール
△ 3番 パヴェル
――――――――――――――

ASOM
今年は3歳馬が強いし上位4頭あたりまでが一桁のオッズになるからな

担当:ASOM

逃げする馬も不在でローからミドルペースが多い今年のチャンピオンズC。

そろそろ強馬に確変しそうな三歳馬2ルヴァンスレーヴを軸でいこう。
左回りは5勝とパーフェクトで前走の南部杯の鮮やかな差し切り優勝は鮮明に目に浮かぶな。
ダート馬らしからぬ鋭い決め脚の持ち主が2週続けて優勝するな。

相手は
前走をいきなり2着に激走し、競馬ファンを驚かせた11オメガパフュームで。
デビューからこれまで6戦4勝。敗戦としても青竜ステークスの3着やし、
ジャパンダートダービーでルヴァンスレーヴの次に入り2着とかなり堂々たる戦績やな。

穴は馬体が大きくストライドも大きい8ケイティブレイブで。
逃げることも構えることもできる結構万能な馬やし
スタート次第、次の展開を組み立てられる点がポイントやな。

馬連
軸 | 2
相手| 1, 3, 8, 9, 11
5通り 各1,000円

合計 5,000円

⇒結果 2-12-9  有力馬が惨敗やな