2019年4月21日(日)
京都11R マイラーズC(G2)
――――――――――――――
◎ 6番 ダノンプレミアム
○ 3番 インディチャンプ
▲ 2番 パクスアメリカーナ
☆ 4番 モズアスコット
△ 9番 ケイアイノーテック
――――――――――――――

モリモト
4Fから加速して平均的に早い脚を求められるロンスパ傾向

担当:モリモト

6番 ダノンプレミアム
騎手 川田将雅

前走の金鯱賞(G2)では2番人気で強さを見せつけ見事1着。唯一の敗戦は前々走の日本ダービー(G1)の6着だけで、2戦2勝の好相性を誇る芝1600Mへの距離短縮は魅力的ですし、長い休みを開けて叩き2戦目で状態面の上積みも見込める状況、1倍代のオッズも納得です。

相手 3番 インディチャンプ
騎手 福永祐一

前走の東京新聞杯(G3)は1番人気に応えて重賞初制覇。勝ちタイムが1分31秒9ということで歴代最速のタイムを出しました。去年の重賞で毎日杯(G3)3着、アーリントンC(G3)4着でクラシックの出走はできなかったですが、夏OP以降に急激な成長を遂げた感が強いです。叩き2戦目の上積みが見込めるのはもちろん、まだまだここから強くなっていく逸材です。

2番 パクスアメリカーナ
騎手 藤岡佑介

前走の京都金杯(G3)は1番人気に応えて見事1着。充実期に差し掛かっているのが明らかな状況です。これまで8戦全てマイル戦を使っており、適性の高さは言うまでもないです。近走よりも相手関係が一気に強化されるマイラーズCでしぶとく伸びる脚を出せれば、

注意 4番 モズアスコット
騎手 C.ルメール

前走の香港マイルを7着、前々走のマイルチャンピオンS(G1)を13着と結果をみるとピークを過ぎてしまった可能性も否めないです。昨年のこのレースで2着、安田記念(G1)を勝っています。今回は相手弱化ということで真価を問われる一戦です。



馬連
軸 | 6
相手| 2, 3, 4, 9,
4通り 各1000円

合計 4,000円


1枠1番・ストーミーシー
コース 南W(良)
タイム 84.8-68.8-53.8-39.4-12.3(強め)
関係者コメント スムーズにさばけさえいれば上位争いに加われていた。展開次第では。(相田助手)

2枠2番・パクスアメリカーナ
コース CW(良)
タイム 81.6-65.6-50.7-37.7-11.5(G強)
関係者コメント 牧場でもしっかり乗り込んでいました、仕上げやすかったです。ケイコも上々です。(猿橋助手)

3枠3番・インディチャンプ
コース 栗坂(良)
タイム 52.7-38.7-25.1-12.5(馬なり)
関係者コメント 先週にしっかりと追い切り仕上がりは問題ないです。どれだけやれるかが楽しみです。(音無調教師)

4枠4番・モズアスコット
コース 栗坂(良)
タイム 54.5-39.5-25.3-12.5(馬なり)
関係者コメント 硬さはないし海外遠征の疲れは完全に取れました。本番につながる競馬を期待です。(宮内助手)

5枠5番・コウエイタケル
コース 栗坂(良)
タイム 52.9-38.1-24.8-12.5(G強)
関係者コメント 体調面でそれほど大きな変化は見られないですが、ケイコは動いていました。(市川助手)

6枠6番・ダノンプレミアム
コース CW(良)
タイム 85.0-68.8-53.3-38.8-11.5(馬なり)
関係者コメント いったん楽をさせて、疲れを取ってから徐々に立ち上げてきました。好仕上がりです。(猿橋助手)

7枠7番・トーアライジン
コース -(-)
タイム 連闘のために軽め(-)
関係者コメント 芝のマイル戦がベストですが、さすがに相手が強いです。今後につながる内容ぐらいで。(村山調教師)

7枠8番・グァンチャーレ
コース 栗坂(良)
タイム 50.9-37.2-24.3-12.1(馬なり)
関係者コメント ケイコでは動いているし、馬は仕上がっています。7歳でも元気がいいです(鳴海助手)

8枠9番・ケイアイノーテック
コース CW(良い)
タイム 83.8-67.5-52.4-37.6-11.7(馬なり)
関係者コメント 放牧明けでも緩さがない、今週の攻めも切れのある動き。いい仕上がりです。(平田調教師)

8枠10番・メイショウオワラ
コース 栗坂(良)
タイム 58.3-42.4-27.3-13.3(馬なり)
関係者コメント 中1週でも疲れはないですが開幕週の馬場しだいで。少しでも時計がかかれば面白い。(内山助手)

2019年4月20日(土)
福島11R 福島牝馬S(G3)
――――――――――――――
◎ 3番 ランドネ
○ 5番 デンコウアンジュ
▲ 4番 カワキタエンカ
☆ 6番 フローレスマジック
△ 8番 ウインファビラス
――――――――――――――

ASOM
去年は12頭立てでしたが今年は何と10頭立て

担当:ASOM

3番 ランドネ
騎手 戸崎圭太

前走の中山牝馬S(G3)では13着に大敗だった、バテタ先頭集団から動きにくい場所りのためか消化不良の一戦だった。前々走の愛知杯(G3)は得意の逃げて3着に粘り、GIの秋華賞でも6着と、長めの距離での実績も十分あり、頭数も少ない今回は得意の単騎逃げで巻き返しを期待したい。

相手 5番 デンコウアンジュ
騎手 柴田善臣

前走は中山牝馬S(G3)を12番人気という低評価から4着に好走。している。福島牝馬は一昨年が4着、昨年は優勝馬から0.1秒差で3着と相性が良い。6歳のベテランだからこそ芝での経験も豊富で軽視はできないな。

4番 カワキタエンカ
騎手 鮫島克駿

前走の中山牝馬S(G3)では10番人気で12着、直近の5戦中4戦が二桁着順ということで最近は低迷している。昨年では中山牝馬S(G3)を優勝、昨年のこのレースは1番人気に推され2着。少数馬しかいない今年は逃げ同型のランドネとの兼ね合い次第ではハナ差で切れる勝負に期待。

注意 6番 フローレスマジック
騎手 石橋脩

前走の中山牝馬S(G3)は勝ちに行っての5着だったな。休み明けを含めて考えればギリ合格だな。今回は叩き2走目でローカルの芝1800mで3勝という小回り巧者、能力発揮できればこのメンツなら通用するのでは



3連複(軸1頭流し)
軸 | 3
相手| 4, 5, 6, 8,
6通り 各1000円

合計 6,000円

■予想サイトの的中情報を独自のルートで集め、分析・集計をします。そこから配当金額の大きいサイトの的中金額の統計をとり、月中、月末を目途に更新をします。

比較期間 3月30日~4月14日
高配当XXX
的中日 2019年4月13日
プラン名 《天上天下、唯一無二の勝負馬券》
的中金額 488万2280円
勝ちKEIBA
的中日 2019年4月6日
プラン名 《LAST WIN 》
的中金額 474万9510円
俺の競馬
的中日 2019年4月13日
プラン名 《攫》
的中金額 325万3800円
シャーロック
的中日 2019年3月30日
プラン名 《キャンペーン情報》
的中金額 322万8240円
MAIN
的中日 2019年3月30日
プラン名 《極限定情報》
的中金額 202万1910円