2016年10月29(土)
京都11R スワンステークス

――――――――――――――
◎ 08番 フィエロ
○ 11番 サトノアラジン
▲ 12番 サンライズメジャー
△ 07番 バクシンテイオー
△ 09番 ダンスディレクター
× 03番 ミッキーラブソング
――――――――――――――

ここ最近、無料買い目情報を担当する人間が不甲斐ない結果を出しているので、
私モリモトが今回は予想を担当したいと思います。
◎は08番のフィエロ。
安田記念依頼の実戦となりますが
京都コースでは9戦して9戦全てで掲示板確保の確実な走り!!
ここは連に絡んでくること間違いなし!!
最近外してるからとにかく当たりの実績が欲しいので、
今回は馬連と三連複の2通りの買い目で勝負!!

・馬連一頭軸流し
軸:08
相手:03.07.09.11.12
合計:5点

一点購入金額1000円

・3連複一頭軸流し
軸:08
相手:03.07.09.11.12
合計:10点

一点購入金額500円

▼結果▼

馬連 02-11 6380円
投資金額1000円⇒ ×

三連複 02-11-13 2万1930円
投資金額500円⇒ ×

10月30日(日)
3歳オープン
東京・芝2000m 定量

コース概要

 

東京芝2000m戦のスタートは1コーナーの奥からのスタートとなる。
コーナーは全てで3つとなるコース形態。
2コーナーまでの距離が短いと2コーナーが急カーブであることが大きな特徴である。
スタート後は平坦でジワジワと長い下り坂を迎える。
向正面で一旦上り坂にそこから3コーナーに向かって下り坂になる。
直線は長く525.9m。
高低差2.1mの上り坂を駆け上がる。

展開

スタート直後から初めのコーナーまでの距離が短い為、枠順の有利不利が大きくなる。
外枠の逃げ~先行馬にとってはコースロスになり、内に入れることが出来ないままレースをすることになる。
またコーナーが急である事から、内枠の差し馬も外から被せられる為、スムーズにコーナーを曲がれるかが重要になってくる。
その為2コーナーをロスなくスムーズに回って来れた先行馬~差し馬の好走が多くなる。

枠順の有利不利

内枠馬が有利な傾向で、外枠は不振傾向。

有利な脚質

後ろからの脚を使える、差し、追い込み馬が有利な傾向。

血統

ディープインパクト、ステイゴールド、アグネスタキオン産駒に注目。

登録馬

アドマイヤデウス、アンビシャス、エイシンヒカリ、カムフィー、クラレント、サトノクラウン、サトノノブレス、ステファノス、ヒストリカル、モーリス、ヤマカツエース、ラブリーデイ、リアルスティール、ルージュバック、ロゴタイプ。

 

2016年10月23(日)

京都11R 菊花賞
――――――――――――――
◎ 08番 ミッキーロケット
○ 03番 サトノダイヤモンド
▲ 06番 ディーマジェスティ
△ 04番 シュペルミエール
△ 10番 ウムブルフ
× 11番 レインボーライン
――――――――――――――

◎は08番ミッキーロケット。
前走の神戸新聞杯ではクビ差の2着。
地力強化が目立つ一頭だと思っています。
夏場から使い込んでいるぶん、大きな上積みは望めませんが、
安定感を増している今なら大きく崩れることはないと思います。
自分自身ここ最近連敗が続いているのでそろそろ当てたいところです・・・

・3連複一頭軸流し
軸:08
相手:03.04.06.10.11
合計:10点

一点購入金額1000円

▼結果▼

3連複 03-11-13 1万7550円
投資金額1000円⇒ ×

2016年10月22日(土)

東京11R 富士ステークス
――――――――――――――
◎ 11番 ロードクエスト
○ 04番 イスラボニータ
▲ 07番 フルーキー
△ 02番 ダノンプラチナ
△ 03番 ヤングマンパワー
× 08番 ガリバルディ
――――――――――――――

◎は11番ロードクエスト。
前走の京成杯AHで2度目の重賞勝ち!!
スタートが遅く、相変わらず不器用な面は残りますが、
直線の長い新潟での実績があるように東京も問題なくこなせるはず。
折り合いに関しても以前より格段の進歩を見せていて、
このメンバーに入ってもチャンスは十分にあると判断しています。

・3連複一頭軸流し
軸:11
相手:02.03.04.07.08
合計:10点

一点購入金額1000円

▼結果▼

3連複 02-03-04 3340円
投資金額1000円⇒ ×

10月23日(日)
3歳オープン牡牝
京都・芝3000m 馬齢

コース概要

 

向こう正面第3コーナー手前の上り坂からスタートするコースで、コーナーまではわずか200mしかない。
4コーナーを回った最初のホームストレッチで、いかに折り合いを付けられるかがカギとなる。
1コーナー、2コーナーを回りバックストレッチへ。
2回目の3コーナーに向かうところで、再度高低差4.3mの坂を上り4コーナーにかけて下っていく。

展開

スタートしてすぐ1回目の丘越えに差し掛かることや長距離戦も意識しているため、先行争いは激しくならない。
1週目の下り坂で逃げ馬は後続をジワジワと離し、差し馬は掛からないように抑えつつ下る為縦長の馬群になりやすい。
1周目の直線では引っ掛からないように馬を抑えつつ進める。
逃げ馬と差し馬の差が大きくなるポイントになる。
2周目の3コーナーから坂を下りながら各馬ペースアップする。
直線は長く上がりの競馬になりやすい。
下り坂を利用した長くいい脚を使う馬の好走が多く、騎手のペース判断も重要になってくる。

枠順の有利不利

内枠馬が有利な不振傾向。

有利な脚質

先行力のある馬、中でも先行馬が有利な傾向。

血統

エルコンドルパサー、ダンスインザダーク産駒に注目。

登録馬

アグネスフォルテ、イモータル、ウムブルフ、エアスピネル、カフジプリンス、コスモジャーベ、サトノエトワール、サトノダイヤモンド、シュペルミエール、ジュンヴァルカン、ジョルジュサンク、ディーマジェスティ、ネイチャーレット、プロディガルサン、プロディガルサン、ミッキーロケット、ミライヘノツバサ、レインボーライン、レッドエルディスト。