2019年3月10日(日)
中京11R 金鯱賞(G2)
――――――――――――――
◎ 10番 アルアイン
○ 1番 ダノンプレミアム
▲ 6番 ペルシアンナイト
☆ 11番 リスグラシュー
△ 7番 ギベオン
△ 12番 モズカッチャン
――――――――――――――

ASOM
前目でスローの中脚を貯め、ラスト1000mの持久力勝負に持ち込み、後続馬の脚を奪う作戦

担当:ASOM

10番 アルアイン
騎手 北村友一

前走のマイルチャンピオンシップ(G1)は3着。今回はダウン戦、距離延長で小回りのコースを得意としていて好位を取れる分魅力やな。最終追切も全体51秒代で駆けて終いは更に伸びて12.3秒で締め状態はいいな。

 

相手 1番 ダノンプレミアム
騎手 川田将雅

前走の日本ダービー(G1)は1番人気ながら6着以来のレース。それまでは4戦4勝が完勝の連続で、2000m以下ならば4歳世代最強の馬やな。今回も休み明けの一戦となり、1週前の追い切りでは併走馬に後れを取るなど、まだ本来の走りとは言い切れないが、ポテンシャルは間違いなく高いな。

 

6番 ペルシアンナイト
騎手 M.デムーロ

前々走のマイルチャンピオンシップ(G1)は2着という結果は、イン有利の馬場でロスのない競馬に恵まれたけど、前がスムーズに開いたらステルヴィオを差し切っていたと思わせる内容であったし、大阪杯2着の実績があり、2000Mの距離も問題ないな。

注意 11番 リスグラシュー
騎手 A.シュタルケ

前々走はエリザベス女王杯で悲願のG1初制覇。2019年初戦に海外遠征となった香港ヴァーズでも2着に入るなどまさに充実期やな。集中力が持続するようになった印象で2000Mも守備範囲やな。

馬連
1着 | 10
相手| 1, 6, 7, 11, 12
5 通り 各1,000円

合計 5,000円

⇒結果 1-11-8