2019年3月9日(土)
中山11R 中山牝馬S(G3)
――――――――――――――
◎ 1番 アドマイヤリード
○ 2番 ノームコア
▲ 6番 ランドネ
☆ 13番 ミッキーチャーム
△ 9番 ウラヌスチャーム
△ 11番 フローレスマジック
――――――――――――――

モリモト
逃げ馬の登録が多数で、末脚に注目された荒れレース

担当:モリモト

1番 アドマイヤリード
騎手 横山典弘

牡馬相手だった前走の中山金杯(G3)を4着、勝ったウインブライトから0.1秒差に健闘でした。2年弱前G1を勝った時の好調子を取り戻している状況、近走成績よりも相手関係に恵まれそうな、牝馬限定戦に戻る状況もプラスに働き、今回は久方ぶりの重賞制覇を狙えます。

 

相手 2番 ノームコア
騎手 田辺裕信

前走の愛知杯(G3)は絶望的な位置取りの中、直線に入ると大外から伸びて2着。形勢不利から強し競馬で、改めて本馬の能力の高さを見せる一戦。今回は逃げ、先行勢が多数そろい、末脚が生きる展開になれば、今度こそ突き抜けて欲しいです。

 

6番 ランドネ
騎手 戸崎圭太

前走の愛知杯(G3)で超スローペースの逃げから粘り3着、紫苑S(G3)でも3着。重賞ではあと一歩足りない成績ですが、これまで芝1800mではかなり優秀。馬体重が前走で512kgという大型馬であり、逃げ以外もパワーとスピードがいかせる中山芝1800mはベストに近い条件です。

 

注意 13番 ミッキーチャーム
騎手 川田将雅

3歳の7月にようやく未勝利戦を脱出した晩成型、そして条件戦3連勝の勢いそのままに出走した前走の秋華賞(G1)をアーモンドアイに次ぐ2着。強烈な存在感を発揮している明け4歳が多少ハンデが見込まれても無視できない存在です。

3連複(軸1頭流し)
軸 | 1
相手| 2, 6, 9, 11, 13
10通り 各500円

合計 5,000円

⇒結果 7-9-4