2019年3月3日(日)
中山11R 弥生賞(G2)
――――――――――――――
◎ 1番 ラストドラフト
○ 3番 カントル
▲ 5番 シュヴァルツリーゼ
☆ 2番 ニシノデイジー
△ 4番 サトノラディウス
――――――――――――――

モリモト
少数頭で逃げ馬不在、晴れなら素質馬シュバルツリーゼ

担当:モリモト

1番 ラストドラフト
騎手 C.ルメール

新馬戦、前走の京成杯の勝ち馬、2戦2勝の内容、タイム戦績は濃いです。スピードとキレ味を兼備して前走後も緩めることなく乗り込まれています、臨戦態勢という点でも休み明けのライバルを圧倒。

 

相手 3番 カントル
騎手 M.デムーロ

昨年の日本ダービーを制したワグネリアンを兄に持つ良血馬で話題先行です。ここまで重賞勝ちこそないものの前走のセントポーリア賞で2勝目を挙げ、才能の片りんが見られ一戦ごとに競馬の質が良化しています。

 

5番 シュヴァルツリーゼ
騎手 石橋脩

前走の新馬戦は長くいい脚を使いこなしハーツクライ産駒という感じの走りを見せつけた。中山コース替わりとポイントになるが、内と外を見ながら競馬が出来る5番枠はいい条件です。

 

注意 2番 ニシノデイジー
騎手 勝浦正樹

札幌2歳S(G3)、東京スポーツ杯2歳S(G3)を連勝。ホープフルS(G1)では馬群の内々で窮屈なレースを強いら3着に終わったが中山を経験。もちまえの差し脚発揮に警戒です。

3連複5頭ボックス
1-2-3-4-5

10点 各500円

合計 5,000円

⇒結果 10-5-8