2019年3月2日(土)
阪神11R チューリップ賞(G2)
――――――――――――――
◎ 1番 ダノンファンタジー
○ 6番 シェーングランツ
▲ 3番 ブランノワール
☆ 5番 メイショウショウブ
△ 7番 ノーブルスコア
――――――――――――――

ASOM
3着以内に入れば桜花賞に向けた優先切符が与えられるレース

担当:ASOM

1番 ダノンファンタジー
騎手 川田将雅

前走の阪神JF(G1)をしっかり勝ち切り、2着に半馬身差。ここは桜花賞グランアレグリア討伐に向けての通過点でしっかり勝ち切ってくるな。広い阪神外回りのコースは合うのは間違いなく、今回は大人びた安定した差し切りで1強になるな。

 

相手 6番 シェーングランツ
騎手 武豊

前走の阪神JF(G1)では3番人気に支持されたけど直線伸びきれずに4着。道中は1、2着馬と同じような位置取りやたけど末脚を見せることがでなかったな。今回は13頭立てスムーズに外にさえ出せれば、直線が長い阪神、終いのキレ味がさらに活きアルテミスSの時のような競馬に期待。

 

3番 ブランノワール
騎手 藤井勘一郎

前走のエルフィンSは押し切れず2着。今回は上位2頭以外は大混戦のメンバー構成やし十分に馬券圏内を狙えるチャンスはあるな。今週からJRAジョッキーとしてデビューする藤井騎手にも期待を込めて。

注意 5番 メイショウショウブ
騎手 池添謙一

前々走のデイリー杯2歳Sで2着。前走の阪神JF(G1)は2番手で前々でぴぱったが6着。有力どころは後方からの競馬となりそうで、開幕2週目の馬場をうまく生かせば粘り込みも十分に期待できるな。

馬単
1着 | 1
相手| 3, 5, 6, 7,
4通り 各1,000円

合計 4,000円

結果⇒1-13-7