2019年2月24日(日)
中山11R 中山記念(G2)
――――――――――――――
◎ 1番 ウインブライト
○ 5番 ディアドラ
▲ 9番 エポカドーロ
☆ 10番 スワーヴリチャード
△ 7番 ステルヴィオ
――――――――――――――

モリモト
G1馬が5頭も顔を揃えた好メンバー、統計では圧倒的に4,5歳馬が優勢のレース

担当:モリモト

1番 ウインブライト
騎手 松岡正海

前走は中山金杯(G3)で3番人気だったが見事直線で差し切り優勝。G1戦線ではまだまだ部分がありますが、G2戦は3回走って2回優勝をとり冬場は得意で、言わずとしれた中山巧者の連覇に期待。今年もG1馬たちに人気が集まりそこまで人気にならない可能性が高い。

 

相手 5番 ディアドラ
騎手 C.ルメール

前走は香港カップG1に出走し9頭立ての2着という惜しい内容。一昨年の秋華賞を勝ってから一時的に低迷、昨年のドバイターフで3着に好走した辺りから復調し始め、
前々走の府中牝馬G2は完全復活といえる内容。中山で好位で運べば上位争い。

 

9番 エポカドーロ
騎手 戸崎圭太

前走の菊花賞G1は3番人気で距離が長かったせいか8着に終わる。昨年では皐月賞G1で優勝、日本ダービーG1で2着、神戸新聞杯G2は出遅れて4着。昨年は中山記念と同じコースのスプリングステークスを好走し2着に入りコース適性もあります。

 

注意 10番 スワーヴリチャード
騎手 M.デムーロ

前走ジャパンカップG1を2番人気で3着。昨年の大阪杯で初G1勝ちを収め、その時では古馬最強クラスの称号もあったが安田記念G1は3着止まり、天皇賞秋は出遅れて惨敗と期待を裏切るレースが続いているが、そろそろ巻き返す可能性は十分有り得る。

3連複5頭ボックス
1-5-9-10-7

10点 各500円

合計 5,000円

 

⇒結果 1-3-7