2019年2月17日(火)
東京11R フェブラリーS(G1)
――――――――――――――
◎ 3番 ゴールドドリーム
○ 7番 サンライズノヴァ
▲ 8番 モーニン
☆ 6番 インティ
△ 10番 サンライズソア
△ 14番 オメガパフューム
――――――――――――――

ASOM
逃げ先行優位なダート戦やけど

担当:ASOM

3番 ゴールドドリーム
騎手 C.ルメール

前走の東京大賞典競走(G1)は1番人気を裏切りオメガパフュームに敗れ2着。理由は完全な出遅れやな。今年6歳やけどダート馬としてはもっと活躍してる。一昨年の勝者で昨年の2着で東京ダート1600Mには慣れて衰えたと考えにくい。G1レース中心にローテーションを組んでるし余計なレースを使わないぶん消耗度も低いな。

 

相手 7番 サンライズノヴァ
騎手 戸崎圭太

前走の根岸Sで1番人気を裏切り8着。「デキが良かっただけに、敗因はこっちが聞きたいくらい」と棚江助手は首をかしげるとw 東京は6勝で2着3回の得意コース。最終追切でも目一杯に追われたラスト1Fで12秒6と伸びて1馬身半先着として4F50秒8と好時計を叩き出し巻き返しがあって不思議ではないな。

 

8番 モーニン
騎手 和田竜二

前走、前々走と4着だが上りはともにレース2位と早い。同大会で2016年の優勝、2017年12着、2018年は出走せず2年ぶりの挑戦となるがベテランの意地が見たい

注意 6番 インティ
騎手 武豊

6連勝と圧勝つづきの分かりやすい馬やし人気になっても軽く見ることはできないな。未経験のマイル戦、体質的に弱い面があるそうやけど、どれだけ強くなるのか想像できないな。

3連複(軸1頭流し)
軸 | 3
相手| 6, 7, 8, 10, 14
10通り 各500円

合計 5000円