2月17日(日)
4歳以上オープン
東京・ダート1600m 定量

コース概要

 

東京の芝2000mと同様に若干クセがあるコースで、芝スタートであり内と外では芝を走る距離が異なる。
2コーナーの奥からスタートし、3~4コーナーはほぼ平坦。
最後の直線では、途中で緩やかな上り坂があり。

展開

スタート直後が芝コースであることから、芝スタートが得意で無い馬にとってはダッシュがつかないケースが多く先手が取れないケースが多い。
3コーナー手前の上り坂で一旦息が入る。
その為最後の直線が長いとは言え先行馬が有利になり、逃げ切りや好位抜け出しの好走が多い。
差し・追い込み馬が好走する場合外から伸びてくるケースが多い。

枠順の有利不利

外枠が有利な傾向。

有利な脚質

差し馬の活躍。

血統

アグネスタキオン、フレンチデピュティ産駒に注目。

登録馬

アンジュデジール,インティ,ヴェンジェンス,オメガパフューム,クインズサターン,コパノキッキング,ゴールドドリーム,サクセスエナジー,サンライズソア,サンライズノヴァ,ナムラミラクル,ノボバカラ,ノンコノユメ,メイショウウタゲ,モーニン,ユラノト,レッツゴードンキ,ワンダーリーデル

 

ASOM
登録馬の中で気になる一頭は現在6連勝中のインティ。体質的な弱さを抱え、5歳にしてまだキャリア7戦と不安要素はあるが、前走の東海ステークスは直線でしっかり右手前に替えてラスト2F、11秒6-11秒9と強烈な踏み直しをみせた。鞍上の武豊騎手も一目を置く逸材。