1枠1番・ハートレー
コース 南W(稍)
タイム 83.3-67.8-52.7-38.0-13.0(仕掛)
関係者コメント 前走は追走に余裕がなく距離不足だった。中間の調教では気分良く走れており、馬体の張りも申し分ない。良馬場で走れれば。(手塚調教師)

2枠2番・ノーブルマーズ
コース 栗坂(重)
タイム 54.0-39.5-25.4-12.5(馬なり)
関係者コメント 在厩調整に切り替えてから調子が上がり、だいぶ良くなった。今の荒れた馬場も合うので立ち回り次第で勝ち負けも。(宮本調教師)

3枠3番・アクションスター
コース 南W(稍)
タイム 68.9-53.5-39.8-13.8(強め)
関係者コメント この馬なりに良くはなっているが、前走も厳しいレース内容。大きく変わったところはないし、どこまでやれるか。(小島助手)

4枠4番・ケントオー
コース 栗坂(重)
タイム 54.0-39.1-25.5-12.7(一杯)
関係者コメント 前走ラストは脚色が鈍ったけど見せ場のある内容。距離の短縮はいいし、うまく我慢を利かせて末脚を生かすレースができるはず。(宮下助手)

5枠5番・ブラックバゴ
コース 南W(稍)
タイム 51.8-38.0-12.6(直一)
関係者コメント 京都コースは向いており鞍上とも手が合う。前走はもう少し前でレースをしても良かった。相手は強くなるが、今は状態でも十分やれる。(斎藤調教師)

5枠6番・ダッシングブレイズ
コース CW(重)
タイム 83.4-67.8-53.4-39.6-12.0(強め)
関係者コメント 前走はハイペースでしっかり折り合って運べたけど、この馬にとってはスローで自分のペースの方が持ち味が生かせる。前進を期待。(斉藤調教師)

6枠7番・パフォーマプロミス
コース CW(重)
タイム 83.0-67.0-51.9-37.8-12.4(馬なり)
関係者コメント 前走はメンタル的なものが敗因。レースをやめている感じだった。その後は放牧を挟んでここを目標に仕上がりは良好。京都のこのクラスならやれるはず。(田代助手)

6枠8番・ダンビュライト
コース 栗坂(重)
タイム 52.1-38.2-24.7-12.3(一杯)
関係者コメント 直前の調教を余力残しにした分、実戦で伸び切れなかった。今回は最後までしっかりと追っており早め早めのレース展開になれば。(生野助手)

7枠9番・カフジプリンス
コース 栗坂(重)
タイム 53.6-38.0-24.2-12.1(仕掛)
関係者コメント 脚元の心配なく乗り込めて、馬体増でも太め感はなく仕上がった。久々だけに息持ちやレース勘が戻っているかが不安要素。(岡助手)

7枠10番・ステイフーリッシュ
コース 栗坂(重)
タイム 53.8-38.9-25.0-12.3(馬なり)
関係者コメント 近走も頑張ったけど、今回の方が調子が良さそう。強い内容で重賞を勝った舞台でもあるし、これまで以上の走りを期待が持てる。(岡助手)

8枠11番・タイムフライヤー
コース 栗坂(重)
タイム 52.5-37.6-24.1-12.1(一杯)
関係者コメント まだトモに緩さを残すものの、調教ではいつも動いている。馬体にも張りが出て上積みはあるし、この斤量で戦えることもプラス。(松田調教師)

8枠12番・マカヒキ
コース DP(良)
タイム 71.6-56.3-41.1-11.9(馬なり)
関係者コメント 仕上がりは札幌記念ときと同じ状態。3着に終わった一昨年は上滑りする馬場が良くなかった。良馬場なら力を発揮出来るはず。(大江助手)