2019年2月2日(土)
京都11R アルデバランS
――――――――――――――
◎ 3番 アングライフェン
○ 1番 モズアトラクション
▲ 6番 テルペリオン
☆ 15番 ジュンヴァルカン
△ 14番 カゼノコ
△ 11番 ナムラアラシ
――――――――――――――

モリモト
脚質的には逃げ先行有利の1900ダートですが

担当:モリモト

3番 アングライフェン
騎手 M.デムーロ

去年6歳にして初めてのダート(アルデバランS)の10番人気から2着。前走の東海S(G2)は格上のレースで1着~3着はタイムも早く6着惨敗だが、後半、追い上げ直線は伸びていた。7歳にてダート右回りの成績、堅実な持ち時計があり、Mデムーロ騎手も心強い。

 

相手 1番 モズアトラクション
騎手 鮫島克駿

前走1600万雅Sダート1900Mを快勝。今回メンバーでは力上位も人気も上位。やや展開待ちのレースが多いが差し脚は威力大。条件はベストなので期待できます。

 

6番 テルペリオン
騎手 松若風馬

1600万クラスの戦いも9戦してようやく、前走の境S1600万を切れ脚で優勝。先行できれば大崩が無いタイプ、さらに平均ペース以上の先行抜け出しが得意として。しかしスローペースの折り合い面が課題です。

 

注意 15番 ジュンヴァルカン
騎手 松山弘平

前走のベテルギウスS、太めを叩いたが間に合わず、出遅れも影響かの7着。芝からダートへ変更した初戦が優勝とダート適性を示すが、モズアトラクション同様に展開待ちの部分が多い。

馬連
軸 | 3
相手| 1, 6, 11, 14, 15
5通り 各1,000円

合計 5,000円

⇒結果 3-11-8  的中37,900円