2019年1月12日(土)
中山11R フェアリーS(G3)
――――――――――――――
◎ 16番 アマーティ
○ 13番 グレイスアン
▲ 11番 アクアミラビリス
☆ 2番 アゴベイ
△ 3番 エフティイーリス
△ 6番 レーヴドカナロア
――――――――――――――

モリモト
過去の傾向や上位人気馬を見るとこれは荒れる気配プンプン、穴狙いですね

担当:モリモト

16番 アマーティ
騎手 三浦皇成

前走サウジアラビアRCは少頭数の内枠でスタートも出たので先行する形で3着。グランアレグリアには大敗ですが2着馬とは0.2秒差と実績として上位の存在。パワーとスタミナに自信があるり、中山舞台のタフさが必要レースはうってつけの条件です。

 

相手 13番 グレイスアン
騎手 戸崎圭太

前走の新馬戦1600Mはスタートも良く、外枠からベストポジションにつき、直線は余裕の手応え、追い出しを待つ感じで余裕さえ見せつける勝利。
最終追い切りも内を追走してきて伸びてきて直線でかわす脚、重賞でも通用が持てる。

 

11番 アクアミラビリス
騎手 M.デムーロ

前走の新馬戦東京1600Mはスタートいまいちでしたが、抑えて進んでいくと、直線早め先頭たってノーステッキで圧勝。
引き続き鞍上はミルコ騎手という事で信頼度はありタフな中山でも末脚が使えれば上位台頭。

 

注意 2番 アゴベイ
騎手 北村宏司

前走の新馬戦は東京1400Mで普通スタートから先団の後ろの方で進み、直線を外だして差し切り、王道競馬で勝ったのは素質はお見事。
メンバーレベル的にはそこそこで距離延長となれば血統的に考えてもチャンスあり。

 

馬連
軸 | 16
相手| 2, 3, 6, 11, 13
5通り 各1,000円

合計 5,000円

⇒結果 1-8-13