2019年1月6日(日)
京都11R シンザン記念(G3)
――――――――――――――
◎ 5番 アントリューズ
○ 7番 ニホンピロヘンソン
▲ 10番 ミッキーブリランテ
☆ 3番 ハッピーアワー
△ 11番 シャドウエンペラー
△ 8番 ミヤケ
――――――――――――――

モリモト
メンバーは全体的に前が多いが、強力な逃げ馬がいないけど、ペースが上がる可能性もあり

担当:モリモト

5番 アントリューズ
騎手 川田将雅

前走の芝1600Mベゴニア賞では好位から鋭い末脚で抜け出し勝利。
初戦は福島競馬場の2000Mという条件だっただけ鋭い持ち味が削がれてしまいましたが、
広いコースで脚が使える条件では2連勝。初のG3戦をロードカナロア駒産が持っているスピードに期待。

 

相手 7番 ニホンピロヘンソン
騎手 浜中俊

前走はGⅠ朝日杯FSに格の違いをみせつけられ15着。多少の出遅れもあって力を出せなかった。
メンバーも弱化する今回は、ゲートを出して前々走、新馬戦のようにマイペースで逃げる本来の姿なら一発がある。

 

10番 ミッキーブリランテ
騎手 坂井瑠星

新馬戦2着のレースレベル、前走の未勝利戦1着の内容から500万の経験がないとしても、能力面ではけして上位勢から大きく劣らない。
距離短縮もプラスに働き、ゆったりと大きなフットワークで走る競馬が出来れば入賞はある。

 

注意 3番 ハッピーアワー
騎手 秋山真一郎

前走デイリー杯2歳Sは初1600Mで3着。外からいい脚で伸びたが格上1.2着馬が強い。
内枠でごちゃつくなら、外枠から一気に末脚は鋭く、決め脚は威力でワンチャンスあります。

 

馬連
軸 | 5
相手| 3, 7, 8, 10, 11
5通り 各1,000円

合計 5,000円

⇒結果 2-1-10 残念です。