2019年1月5日(土)
京都11R 京都金杯(G3)
――――――――――――――
◎ 12番 パクスアメリカーナ
○ 7番 ミエノサクシード
▲ 3番 カツジ
☆ 17番 ロードクエスト
△ 2番 サラキア
――――――――――――――

ASOM
確たる存在が見当たらない状況やし、軸馬を斤量55キロ以上から狙ってみるか

担当:ASOM

12番 パクスアメリカーナ
騎手 川田将雅

休養明けで臨んだ古馬初対戦の前走リゲルSを瞬発力をみせつけ4馬身差で圧勝やな。
これまでの戦績を見る限り、平坦な京都マイルでも3戦2勝と相性がよく問題なく走れるな。
上がり勝負でいきたいから極端なスローペースにならないように位置取りが重要やな。

 

相手 7番 ミエノサクシード
騎手 川島信二

ステイゴールド産駒でパワーと持続力のある血統。前走のターコイズSは9着やったけど0秒4差と大きく負けてないな。
レース運びがしやすい直線の長い芝外回りコースで得意の差し・追い込み脚を出せば重賞のタイトルもいける。
逃げ馬15番マイスタイルに乱されず、直線での決め手勝負に持ち込めるかがカギやな。

 

3番 カツジ
騎手 松山弘平

前走マイルCSではスローペースで格上の先行馬が上位を独占する中で、
直線を上がり最速の末脚であわやのシーンも見せつけ4着にとどまった。
京都平坦コースで上がり勝負でも十分、松山騎手と今年初の重賞を狙えるな。

 

注意 17番 ロードクエスト
騎手 福永祐一

前走はマイルCSに出走しで17着と意外な結果に終わったな。
3歳前後はマイルでかなりの大物感を醸し出してていたけど古馬になってから完全に伸び悩んでいる。
スワンSでモズアスコットを抑えたように、後方から末脚を伸ばすレース展開が出来たらチャンスはあるな。

馬連
軸 | 12
相手| 2, 3, 7, 17
4通り 各1,000円

合計 4,000円

⇒結果 12-15-7   残念