2018年12月28日(金)
中山11R ホープフルS (G1)
――――――――――――――
◎ 1番 ニシノデイジー
○ 11番 ヴァンドギャルド
▲ 12番 タニノドラマ
☆ 5番 サートゥルナーリア
△ 8番 アドマイヤジャスタ
――――――――――――――

ASOM
2歳馬限定による経験が浅い馬が集まるG1レース。中山コースの形状は起伏があり、瞬発力どころか、息の長い脚を使った馬が結果を出すな。

担当:ASOM

1番 ニシノデイジー
騎手 勝浦正樹

前々走、札幌2歳ステークス(G3)は小回りのスタミナ勝負で優勝、前走は全く条件の異なる長い直線のキレ味で東京スポーツ杯2歳ステークス(G3)を競り勝ち、勝負強さを見せてくれた。底知れぬ魅力を秘めてるな。

 

相手 11番 ヴァンドギャルド
騎手 C.デムーロ

今年9月に新馬デビューを勝って以来の2戦目、東京スポーツ杯2歳ステークス(G3)で、勝ち馬からハナ・頭差の大接戦の3着についた。
ゆったり追走して確実に伸脚を使う馬。200Mの距離延長は好材料やしC・デムーロ騎手は仕掛けのタイミングの差で惜敗した前走の悔しさを晴らすな。

 

12番 タニノドラマ
騎手 池添謙一

前走の12月9日、中京での新馬戦では外側回りながら徐々につめて、伸びて脚で差し切り勝ちは見事やな。
長く脚を使えるタイプ。さらに同じ距離のためスタミナが問われるたら叩いた上積みに期待やな。

 

注意 5番 サートゥルナーリア
騎手 M.デムーロ

ロードカナロア産駒の良血馬サートゥルナーリアが人気の中心やろうな。前走の萩ステークス、新馬戦の鮮やかな勝利。
デビュー戦から鞍上で手綱を握るM.デムーロ騎手。さらに12月に入ってからも重賞を3勝しており好調やしな。

 

馬単
軸 | 1
相手| 5, 8, 11, 12
4通り 各1,000円

合計 4,000円

⇒結果 5-8-1 順当にきました。。。。。