2018年12月23日(日)
中山11R 有馬記念 (G1)
――――――――――――――
◎ 12番 レイデオロ
○ 14番 キセキ
▲ 6番 サトノダイヤモンド
☆ 3番 モズカッチャン
△ 5番 パフォーマプロミス
△ 10番 ミッキースワロー
――――――――――――――

ASOM
オジュウチョウサンの人気が金曜日(8番人気)に比べて、今日土曜日(2番人気)うなぎ上り、人気先行型でどこまで走れるのか注目やな

担当:ASOM

12番 レイデオロ
騎手 C.ルメール

昨年の日本ダービーと、今年前半の不振から完全に立ち直って天皇賞秋のG1二勝馬。
ルメール騎手とのコンビを選択する為、ジャパンカップをあえて回避してまでこの舞台へ登録。
ファン投票1位で迎えた有馬記念は恥ずかしい競馬は出来ないやろう。

 

相手 14番 キセキ
騎手 川田将雅

去年、菊花賞を制している既にG1覇者。
古馬になってからは、末脚が発揮できずに敗れるレースが増えたが、
川田騎手の先行作戦はもう逃げ馬に変貌を遂げ、ここ3戦(毎日王冠(G2)3着・天皇賞秋(G1)3着・前走ジャパンC(G1)2着)激戦で気配は上々。

 

6番 サトノダイヤモンド
騎手 B.アヴドゥラ

一昨年の有馬記念は3歳馬でキタサンブラックにセリ勝ち。根強いファンの多い人気馬。
2走前の京都大賞典で長く差し脚を使え復帰の兆し。仕掛けを好位付ければ善戦以上やな。
平成の最後のラストランに有終の美を飾って欲しいな。

 

注意 3番 モズカッチャン
騎手 M.デムーロ

前走エリザベス女王杯を1番人気から3着とあと一歩のところで勝利を逃している。
去年のエリザベス女王杯以来、勝利がないがM.デムーロの今の勢い、持ち前のパワフル動きなら
チャンスはあるな。中程度人気なんで、絡めないと。

 

馬単
軸 | 12
相手| 3, 5, 6, 10, 14
5通り 各1,000円

合計 5,000円

⇒結果 8-12-15  残念  池添謙一騎手、外国人勢力をはねのけた!!