2018年11月25日(日)
東京11R ジャパンC(G1)
――――――――――――――
◎ 1番 アーモンドアイ
○ 11番 スワーヴリチャード
▲ 8番 キセキ
☆ 3番 サトノダイヤモンド
△ 5番 ミッキースワロー
△ 9番 シュヴァルグラン
――――――――――――――

ASOM
アーモンドアイは6戦5勝で、負けたレースでも2着と大本線

担当:ASOM

軸は古馬の壁に向かう3歳女王11番アーモンドアイやな。
器と才能の違いを結果が国際GIの頂点に立つな。
叩いた効果は大きく成長力も見込めるし決め脚のすごい馬やしな。

相手は天皇賞はスタート直後に接触で10着と大敗した11番スワーヴリチャードで。
距離的も東京2500Mのアルゼンチン杯を制していることから問題は無さそやし、
ここまで来たら巻き返してもらわないとな。

穴は追い切りで可動域、スピードもしっかりと感じられる走りした8番キセキやな。
遅咲きの血統らしく、厚い筋肉が削がれ確実に復調しており先行策から好走は可能やな。

馬単マルチ
軸 | 1
相手| 3, 5, 8, 9, 11
10通り 各500円

合計 5,000円

⇒結果 1-8-11  3500円 トリガミやん、、、、