競馬の予想スタイルについて質問があります。
よく競馬本について金の無駄、その金で馬券を買ったほうがいいという意見をよく見ます。
私は競馬はお金の奪い合いだと思いっています。

それに勝つにはどうしたらいいのかと考えた時、
血統やオッズの歪み、過小評価されている馬など様々なファクターを研究した方が有利だと思うのです。
控除率75パーセントの壁がありますが、株と違い競馬をしている人は競馬新聞の予想を中心に馬券を買っています。
現に場外馬券場ですと競馬新聞を片手に予想している人が大勢いました。
正直この人達に勝つには別の方法を取ればいいんじゃないか?
そう考えるようになりました。
私も競馬をするのですが普段は手を出すレースと出さないレースを決めています。
データを数値化して期待値の高い馬の馬券を買う。
もちろん外れるのは当たり前。レースは馬の動きを観察しています。
実際皆さんは競馬を楽しんでいるのでしょうか?
私はお金を儲けるためには、投資するためには
そこは割り切らないといけない気がしてなりません。
無論、G1レースも好きですが、その場合も荒れるか荒れ無いかが気になります。
実際、そういうスタンスで馬券を買っている人はいますか?

 

↓↓回答↓↓

 

Aさん
今日、競馬の本を2冊も買ってしまった。本みたいな安い金まで馬券にしなければならないとすれば、それは余裕が無いでしょうね。何も期待して買った訳ではありません。その通りに買おうと思っている訳でもありません。ただ、他人の手法を見て刺激を受けるだけです。

 

Yさん
知名度が上がって使えなくなったのではなく、元からその程度だったのだと思いますよ。スピードや上がり3ハロンの記録の方が、加工していないだけ指数よりも有効だと思います。才能はともかく、回収率頼りだと、どうしても穴馬券狙いになりそうですね。的中率の場合もそうですが、率を持ちだすと、予想は疲れます。競馬を楽しむ人もおり、競馬を楽しまないと考える人もいて、人それぞれだと思います。明日のレースで楽しみな物があり、研究してきた事の結果が成就するのを楽しんでこそです。
>血統やオッズの歪み、
これくらいなら、何も研究しなくても新聞のプロの予想を見る方がいいと思います。
血統やオッズだけでは、この馬券だとは言えないと思います。
そんなではなく、普通に競馬場へ行けば、色々な人がつぶやいたり喚いたり感動したり驚いたりしているので、そこから何かを見つける方がいいと思います。プロフにある私のブログでも見てやってください。

 

Oさん
データを調べて競馬予想する人は大勢います。皆さん何年何十年も収集・解析して競馬をしています。それで、重要な処に到達して自在に馬券を的中出来るようになるには、長い年月に及ぶ努力が必要です。それよりも更に重要なのは、才能や閃きだと思います。25年も30年もやっていれば、そろそろ書籍を出したり、セミナーを開催したり弟子を取ったりしたくもなってきます。
様々なファクターと言っていますが、ほとんどは役に立ちません。物の役にも立たないファクターだと自覚出来るまで、頑張って下さい。

※yahoo知恵袋参照