小倉記念(G3)

8月16日(日)
3歳以上オープン
小倉・芝2000m ハンデ

コース概要

 

4コーナー奥のポケット地点からスタート。
初めのコーナーまでの距離が470mと長い点が特徴といえる。1
コーナー手前から上り坂になり、向正面からは下り坂と平坦の組み合わせ。直線は293mでローカル競馬場らしい短い直線となっている。
また3.4コーナーはスパイラルカーブがある。

人気成績

過去20年のデータより

ハンデ戦ではあるものの、人気薄である6番人気~9番人気が毎年のように上位を賑わせ、2桁人気の激走にも注目、10番人気以下は割引が必要。

単勝オッズ成績

過去20年のデータより

1.9倍以下は1頭しか出走していないので参考外5.0倍~7.9倍の回収率に注目。

脚質成績

過去20年のデータより

先行勢と中団待機組がほぼ互角先行勢の多寡や当日の馬場状況によって極端な決着になりやすいため十分に注意が必要。ただし、4角12番手以下の追い込み勢と、逃げ馬は不振である。

枠順成績

過去20年のデータより

過去20年分で見た場合2枠・3枠・6枠・8枠が勝率・複勝率で優秀だが、人気馬、穴馬ともに枠による偏りはあまりない。

morimoto
昨年の暮れから5戦出走し、すべて大敗と調子を落としてしまってはいる9番タニノフランケル、今回は追い切りの動きが格段に良くなっており、重賞で2戦連続で馬券に絡んだ時のように復調の印象があり、巻き返しに期待したい。