七夕賞(G3)

7月7日(日)
3歳以上オープン
福島・芝2000m ハンデ

コース概要

 

ホームストレッチの右端、第4コーナーのポケットからスタート。高低差は少ないものの坂の頂上に位置しており、スタンド前の直線は谷を下って上るイメージとなる。1~2コーナーはほぼ平坦。向こう正面に入ると間もなく緩い上り坂。3~4コーナーのスパイラルカーブを通り残り400m地点から下り坂となり、最後の直線150mあたりから再び上るというコース形態だ。Aコース時は逃げ馬が有利だが、開催が進むにつれてB、Cコースになると先行~差し馬あたりが活躍するようになる。

人気成績

過去20年のデータより
1998年以降、1番人気~3番人気は【9-6-11-34】と複勝率50%を割り込んでおり、信頼度は低い。
またハンデ戦なので人気通りでは決まらない傾向。1~3番の上位人気馬が勝率・複勝率で優秀。1番人気は複勝率が50%だが、馬券に絡んだのは斤量が57キロ以上。一方で飛んだ4頭は斤量が56.5キロ以下という内容。

【優勝馬と人気(過去10年)】
2010年 11番人気
2011年 7番人気
2012年 14番人気
2013年 1番人気
2014年 5番人気
2015年 2番人気
2016年 3番人気
2017年 1番人気
2018年 11番人気
2019年 3番人気


単勝オッズ成績

過去20年のデータより
3.0倍~4.9倍が好成績を残しており、それに対して20.0倍~49.9倍はほぼ馬券に絡むことがない傾向にあり。

脚質成績

過去20年のデータより
脚質は小回りコースで逃げ・先行馬が勝率・複勝率で優秀だが、コーナーでは全馬が仕掛けている状態なので、一般的に言う先行馬有利ではない。後半の底力勝負になりやすく、スタート後は無理をせずゆったり入る差し馬が狙い目

枠順成績

過去20年のデータより
有利な枠は内枠「特に4枠」が有利とされている。7枠8枠不利と断言できる。

種牡馬成績

過去5年のデータより
コンデュイット・ディープインパクト・ステイゴールドが好走率・回収率ともに好成績。また、ルーラーシップは回収率はひくいものの好走率が高く注目。