CBC賞(G3)

7月5日(日)
3歳以上オープン
中京・芝1200m ハンデ

コース概要

 

向正面の半ばからスタート。スタート直後は緩やかな上りだが、すぐ下り坂になり直線入口まで続く。3・4コーナーはもちろん下り坂。急カーブであることからスパイラルカーブが導入されている。直線は改修されたことで約100m程伸び412.5m。高低差2.3mの上り坂を上った所がゴール。

人気成績

過去20年のデータより
2012年以降、3番人気以内は【5-3-4-9】の成績を残しており、基本的には人気サイドの好走率が高いレース。

単勝オッズ成績

過去20年のデータより
3.0倍~7.9倍が好成績を残しており、それに対して50.0倍以上はほぼ馬券に絡むことがない傾向にあり。

脚質成績

過去20年のデータより
脚質は高速決着が想定される場合は「前有利」、時計が掛かりそうな場合は「差し有利」。

枠順成績

過去20年のデータより
有利な枠は内枠「特に2~4枠」が有利とされているが2桁人気の激走もしばしば見られることから「外枠」にも注目。

CBC賞の意外な傾向が存在する。
それはハンデ(斤量)である。
ハンデと聞くと、ハンデ戦の醍醐味である「斤量差」を活かした穴馬勝利かと思われがちだが、意外とそうでもないのが特徴。
斤量が軽いか重たいかの両極端の馬を選ぶこともCBC賞での1つの傾向。
近走の成績に注目・近走の単勝人気と着順もチェックすることも大事となってくる。

 

・2019年
馬場⇒不良
12頭
1着レッドアンシェル(1番人気)福永祐一
2着アレスバローズ(7番人気)川田将雅
3着セイウンコウセイ(2番人気)幸英明

・2018年
馬場⇒良
18頭
1着アレスバローズ(4番人気)川田将雅
2着ナガラフラワー(9番人気)高倉稜
3着セカンドテーブル(8番人気)水口優也