日本ダービー(G1)

5月31日(日)
3歳オープン
東京・芝2400m 牡57kg 牝55kg

コース概要

直線のほぼ真ん中からのスタート。スタート後は平坦で初めのコーナーまで約350m程。1コーナーから向正面までジワジワと下り坂が続き、向正面の半ばで上り坂を迎える。そこから3コーナーへ向かって下り、ジワジワ上りながら直線へ向かう。直線は525.9mの長さ。直線半ばで高低差2.1mの上り坂が待ち受けている。

人気成績

2010年 7番人気 エイシンフラッシュ
2011年 1番人気 オルフェーヴル
2012年 3番人気 ディープブリランテ
2013年 1番人気 キズナ
2014年 3番人気 ワンアンドオンリー
2015年 1番人気 ドゥラメンテ
2016年 3番人気 マカヒキ
2017年 2番人気 レイデオロ
2018年 5番人気 ワグネリアン
2019年 12番人気 ロジャーバローズ

1番人気 ⇒ 複勝率62.5%
2番人気 ⇒ 複勝率37.5%
3番人気 ⇒ 複勝率75.0%
4番-6番人気 ⇒ 複勝率16.7%
7番-9番人気 ⇒ 複勝率 8.3%
10番~人気 ⇒ 複勝率 4.3%

人気サイドの信頼度が非常に高い日本ダービー。人気馬が勝つ確率は高いと思われます。
人気サイドからのヒモ紛れ決着が多いというのは、絶対に忘れてはならない重要なポイント

脚質成績

脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ (0-3-1-18) 0.0% 13.6% 18.2%
先行 (7-6-7-52) 9.7% 18.1% 27.8%
差し(10-8-10-140) 6.0% 10.7% 16.7%
追込 (3-3-2-88) 3.1% 6.3% 8.3%

逃げ ⇒ 複勝率28.6%
先行 ⇒ 複勝率25.9%
差し ⇒ 複勝率17.6%
追込 ⇒ 複勝率 5.1%

複勝率は先行が優秀。連対率・単勝回収率は差しが優勢。また、後方からの追い込み勢の健闘も目立ちます。注目すべきは瞬発力の有無ですね。キレのある末脚を持つタイプを優先することが大切です。

枠順成績

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 (7-3-1-29) 17.5% 25.0% 27.5%
2枠 (4-2-3-31) 10.0% 15.0% 22.5%
3枠 (2-2-1-35) 5.0% 10.0% 12.5%
4枠 (0-5-4-30) 0.0% 12.8% 23.1%
5枠 (1-2-1-36) 2.5% 7.5% 10.0%
6枠 (2-4-1-33) 5.0% 15.0% 17.5%
7枠 (2-1-6-51) 3.3% 5.0% 15.0%
8枠 (2-1-3-53) 3.4% 5.1% 10.2%

1~2枠が他を圧倒する成績で優秀です。内枠断然有利の傾向にあることは間違いありません。

断トツの人気:コントレイル

4戦無敗のまま皐月賞制覇を達成した5番コントレイルです。
3勝を共にした福永祐一騎手とのタッグで堂々の一番人気となっています。
父であるディープインパクトに続く無敗の2冠制覇に向け盤石な体制でのエントリーとなりました!

コントレイルと皐月賞を争った12番サリオスが2番人気です。
コントレイルに敗れ2着となったサリオスには距離延長が不安要素では?との見解もありますが2000mの皐月賞では3着馬に3馬身半の差をつけており、能力の高さは充分に証明しています。
400mの距離延長となる本レースへの距離適性が勝負のカギとなるでしょう。