皐月賞(G1)

2020年4月19日(日)
中山11R 皐月賞(G1)
――――――――――――――
◎ 7番 サリオス
○ 1番 コントレイル
▲ 17番 ヴェルトライゼンデ
☆ 13番 ダーリントンホール
△ 12番 マイラプソディ
――――――――――――――

ASOM
重馬場を苦にせず前哨戦の弥生賞を完勝したサトノフラッグだが、今回は新たにルメール騎手との初コンビのために外そう

担当:ASOM

7番 サリオス
騎手レーン

前走の朝日杯フューチュリティ―ステークスのパフォーマンスは驚異的でした。距離への対応を考えると前走同じく他を一蹴する結果に

相手1番 コントレイル
騎手福永

抜群のセンスと父譲りの上質の筋力が魅力、動きは鋭さ十分ココは無傷の4連勝でクラシックの第一関門を突破

17番 ヴェルトライゼンデ
騎手池添

前走スプリングステークスを1番人気で2着、ストレス疲労を残さない負け方の後で2走目から力量発揮

馬連
1着 | 7
相手| 1, 12, 13, 17,
4通り 各1,000円

合計 4,000円

⇒結果 的中