桜花賞(G1)

2020年4月12日(日)
阪神11R 桜花賞(G1)
――――――――――――――
◎ 9番 デアリングタクト
○ 4番 サンクテュエール
▲ 8番 リアアメリア
☆ 17番 レシステンシア
△ 14番 ミヤマザクラ
――――――――――――――

ASOM
◎ 9番 デアリングタクトデビュー2戦ともゴールに向けて加速するパフォーマンスを今回も発揮。雨予報は内枠有利馬場を崩す

担当:ASOM

 9番 デアリングタクト
騎手松山

前走のエルフィンS、あのタフな京都の馬場で34秒0の上りを繰り出して、2着馬に0秒7差は衝撃の潜在能力

相手4番 サンクテュエール
騎手ルメール

鞍上がルメール騎手で藤沢厩舎の所属となれば一定の過剰人気になるけど、一歩目から速い脚が魅力

14番 ミヤマザクラ
騎手福永

ディープインパクト産駒の初G1挑戦と言う点も含めて上位の評価

馬単
1着 | 9
相手| 4, 8, 14, 17,
4通り 各1,000円

合計 4,000円

⇒的中 11.1倍