ヴェロックス

クラシック最終戦となる菊花賞

注目もするのはジャスタウェイ産駒のヴェロックス

春は皐月賞でサートゥルナーリアと大接戦の末にアタマ差の2着

続くダービーは中団から追い上げたが、クビ差、2馬身半差の3着に敗れた。

秋初戦の神戸新聞杯は3度目の対戦となったサートゥルナーリアに3馬身突き放されたものの、ラスト3F32秒5の末脚を披露!!

ライバル馬不在のこの一戦。

ここは負けられない!!

※参照画像・netkeiba.com