2019年7月7日(日)
福島11R 七夕賞(G3)
――――――――――――――
◎ 15番 クレッシェンドラヴ
○ 8番 タニノフランケル
▲ 13番 ウインテンダネス
☆ 3番 ロシュフォール
△ 7番 カフェブリッツ
△ 16番 クリノヤマトノオー
――――――――――――――

ASOM
去年の七夕賞では単勝100倍を超える人気薄が優勝して荒れたけどここ10年ではまれだしな

過去の統計からみると
過去10年の1番人気馬の戦績は3-1-2-4、勝率30%、連対率40%、複勝率60%やから過去10年では昔ほど1番人気の信頼度は低くなってないし、こうみると過去10年の1番人気馬の信頼度は平均的やな。

最終追切

クチコミ



担当:ASOM


15番 クレッシェンドラヴ
騎手 内田博幸

前走の福島民報杯はレッドローゼスに敗れ2着。決して弱い馬ではないしな。道悪に強いステイゴールド産駒やし展開もハマりそうですし斤量も好条件、外枠を引いてしまったので無理して内を狙うよりかは身構えて後ろから様子をみて、前走より適性のありそうな今回の舞台で前進を期待やな。

相手 8番 タニノフランケル
騎手 福永祐一

前走の鳴尾記念(G3)は3番人気だったけど8着と凡退。ウォッカの仔ということでデビュー時から注目されてきたけど、前走、前々走は少し壁に当たっている感じやな。今回は逃げ馬勢揃いなのでこの馬むけやし、好位付けの形が取れそうで粘り込みであるな。

13番 ウインテンダネス
騎手 柴田大知

前走の目黒記念(G2)で6着を含めここ5戦が惨敗中やけど、条件戦2000Mの成績はそこそこついるし福島と相性はいいしな。逃げ馬が揃ってるのでペースも流れを乱されずに。ハナにいけてた頃のようにスタートで推していったら1発逆転もあるな。

注意 3番 ロシュフォール
騎手 三浦皇成

前走の新潟大賞典(G3)は重賞初挑戦で1番人気に推されたが結果は0.1秒差の3着。優勝馬メールドグラースは次走の鳴尾記念もかっているし内容的には十分よかった。この馬の好走パターンは全て軽い高速馬場の切れ味勝負で上がり最速と堅実に終いの脚をつかってくる馬やし道悪になったらどうなるかな。



馬連
軸 | 15
相手| 3, 7, 8, 13, 16,
5通り 各1,000円

合計 5,000円

⇒結果 12-15-9