2019年4月21日(日)
京都11R マイラーズC(G2)
――――――――――――――
◎ 6番 ダノンプレミアム
○ 3番 インディチャンプ
▲ 2番 パクスアメリカーナ
☆ 4番 モズアスコット
△ 9番 ケイアイノーテック
――――――――――――――

モリモト
4Fから加速して平均的に早い脚を求められるロンスパ傾向

担当:モリモト

6番 ダノンプレミアム
騎手 川田将雅

前走の金鯱賞(G2)では2番人気で強さを見せつけ見事1着。唯一の敗戦は前々走の日本ダービー(G1)の6着だけで、2戦2勝の好相性を誇る芝1600Mへの距離短縮は魅力的ですし、長い休みを開けて叩き2戦目で状態面の上積みも見込める状況、1倍代のオッズも納得です。

相手 3番 インディチャンプ
騎手 福永祐一

前走の東京新聞杯(G3)は1番人気に応えて重賞初制覇。勝ちタイムが1分31秒9ということで歴代最速のタイムを出しました。去年の重賞で毎日杯(G3)3着、アーリントンC(G3)4着でクラシックの出走はできなかったですが、夏OP以降に急激な成長を遂げた感が強いです。叩き2戦目の上積みが見込めるのはもちろん、まだまだここから強くなっていく逸材です。

2番 パクスアメリカーナ
騎手 藤岡佑介

前走の京都金杯(G3)は1番人気に応えて見事1着。充実期に差し掛かっているのが明らかな状況です。これまで8戦全てマイル戦を使っており、適性の高さは言うまでもないです。近走よりも相手関係が一気に強化されるマイラーズCでしぶとく伸びる脚を出せれば、

注意 4番 モズアスコット
騎手 C.ルメール

前走の香港マイルを7着、前々走のマイルチャンピオンS(G1)を13着と結果をみるとピークを過ぎてしまった可能性も否めないです。昨年のこのレースで2着、安田記念(G1)を勝っています。今回は相手弱化ということで真価を問われる一戦です。



馬連
軸 | 6
相手| 2, 3, 4, 9,
4通り 各1000円

合計 4,000円

2019年4月20日(土)
福島11R 福島牝馬S(G3)
――――――――――――――
◎ 3番 ランドネ
○ 5番 デンコウアンジュ
▲ 4番 カワキタエンカ
☆ 6番 フローレスマジック
△ 8番 ウインファビラス
――――――――――――――

ASOM
去年は12頭立てでしたが今年は何と10頭立て

担当:ASOM

3番 ランドネ
騎手 戸崎圭太

前走の中山牝馬S(G3)では13着に大敗だった、バテタ先頭集団から動きにくい場所りのためか消化不良の一戦だった。前々走の愛知杯(G3)は得意の逃げて3着に粘り、GIの秋華賞でも6着と、長めの距離での実績も十分あり、頭数も少ない今回は得意の単騎逃げで巻き返しを期待したい。

相手 5番 デンコウアンジュ
騎手 柴田善臣

前走は中山牝馬S(G3)を12番人気という低評価から4着に好走。している。福島牝馬は一昨年が4着、昨年は優勝馬から0.1秒差で3着と相性が良い。6歳のベテランだからこそ芝での経験も豊富で軽視はできないな。

4番 カワキタエンカ
騎手 鮫島克駿

前走の中山牝馬S(G3)では10番人気で12着、直近の5戦中4戦が二桁着順ということで最近は低迷している。昨年では中山牝馬S(G3)を優勝、昨年のこのレースは1番人気に推され2着。少数馬しかいない今年は逃げ同型のランドネとの兼ね合い次第ではハナ差で切れる勝負に期待。

注意 6番 フローレスマジック
騎手 石橋脩

前走の中山牝馬S(G3)は勝ちに行っての5着だったな。休み明けを含めて考えればギリ合格だな。今回は叩き2走目でローカルの芝1800mで3勝という小回り巧者、能力発揮できればこのメンツなら通用するのでは



3連複(軸1頭流し)
軸 | 3
相手| 4, 5, 6, 8,
6通り 各1000円

合計 6,000円

2019年4月14日(日)
中山11R 皐月賞(G1)
――――――――――――――
◎ 1番 アドマイヤマーズ
○ 4番 ダノンキングリー
▲ 3番 ファンタジスト
☆ 12番 サートゥルナーリア
△ 8番 ニシノデイジー
△ 18番 ナイママ
――――――――――――――

ASOM
デムーロ騎手が言っていた『併せてから伸びが最大の武器』

担当:ASOM

1番 アドマイヤマーズ
騎手 M.デムーロ

前々走の朝日FS(G1)を2馬身差で完勝やったな。前走の共同通信杯(G3)は2着に敗れたが、勝ち馬ダノンキングリーより重い57kgを背負い逃げる形のレースを強いられたのも不本意に見える。どこからでも動けるレース巧者であり勝負根性も抜群やな。中山芝2000Mは脚質的にぴったりで負かすのは容易ではないな。

相手 4番 ダノンキングリー
騎手 戸崎圭太

重賞レース初出走となった前走の共同通信杯(G3)で2歳王者になり、アドマイヤマーズ相手に圧巻の差し切り勝ちを決め新馬戦から無敗で3連勝記録。戦ってきた相手が弱いわけではないですし人気もでるな。4月3日に行われた1週前追い切り(美浦Wコース5ハロン66.0-51.9-37.7-12.5)では終いにビッシリ追われ、併走相手を一気に突き放す能力の違いを出した。

3番 ファンタジスト
騎手 武豊

早期から始動を初めて小倉2歳S、京王杯2歳Sのスプリント路線で連覇。前々走の朝日FS(G1)では不利な大外枠から外目を先行して4着。前走のスプリングS(G2)は1番人気を裏切る2着だったけど豪快な末脚で追い込んだ点は好内容やな。今回は絶好の内枠で穴馬として面白い存在やな。

注意 12番 サートゥルナーリア
騎手 C.ルメール

前走のホープフルS(G1)は詰まったと思いましたが強引にこじ開けて優勝。進路を確保したところから急加速し、あの隙間をこじ開けれるのは強い証拠。シーザリオの子供やし能力の高さは言うまでもないな。今回はホープフルSからのぶっつけ本番ですが、狙いは皐月賞を叩きとしてダービー狙いに見えるな。



3連複(軸1頭流し)
軸 | 1
相手| 3, 4, 8, 12, 18
10通り 各500円

合計 5,000円

⇒結果 12-7-4

2019年4月7日(日)
阪神11R アーリントンC(G3)
――――――――――――――
◎ 12番 ヴァンドギャルド
○ 3番 ヴァルディゼール
▲ 14番 フォッサマグナ
☆ 17番 ミッキーブリランテ
△ 10番 カテドラル
△ 15番 ユニコーンライオン
――――――――――――――

モリモト
距離短でくるクラッシク路線馬よりマイラーとして使われていたような馬が優勢

担当:モリモト

12番 ヴァンドギャルド
騎手 M.デムーロ

前々走のきさらぎ賞(G3)で賞金を加算して皐月賞に臨みたかったですが4着凡走。前走の毎日杯(G3)はあえて最後方で我慢する競馬、1番人気に推されたが3着。しかし久々にこの馬本来の末脚を発揮して、次に繋がる内容です。新馬戦を快勝した阪神マイルに戻って初の1600M決めたい一戦です。

相手 3番 ヴァルディゼール
騎手 北村友一

前走のシンザン記念(G3)では4番人気だったが見事優勝。負かした馬達のその後のレース内容をみても、メンバーレベル的には決して低くなく、寧ろかなりのレベルの馬達を負かしたとも言えます。前々走の新馬戦を勝って僅かキャリア1戦で挑んでの快勝ということで、素質の高さを示しています。

14番 フォッサマグナ
騎手 C.ルメール

前々走の共同通信杯(G3)で強敵相手に4着。上位とは多少力差を感じたがキャリア2戦目の内容としては上々です。前走はの歳500万下戦にて1番人気にこたえて見事1着。平場戦とは言え勝ちっぷりはかなり良かったので、まだまだ強くなりそうな雰囲気は感じます。スピードの活かせるマイルならば重賞でも見劣りしないです。

注意 17番 ミッキーブリランテ
騎手 坂井瑠星

前々走のシンザン記念(G3)では3着に敗れたましたが、前走3歳500万下ではしっかりと優勝。過去2戦2勝の阪神コース、平坦コースよりも、パワーが生きる坂コースの方が持ち味が生きるタイプで、ここは待望の重賞制覇のチャンス。



馬連
軸 | 12
相手| 3, 10, 14, 15, 17
5通り 各1000円

合計 5,000円

⇒結果 9-10-11

2019年4月7日(日)
阪神11R 桜花賞(G1)
――――――――――――――
◎ 4番 クロノジェネシス
○ 15番 ダノンファンタジー
▲ 16番 シゲルピンクダイヤ
☆ 14番 ビーチサンバ
△ 8番 グランアレグリア
△ 9番 アクアミラビリス
――――――――――――――

モリモト
クロノジェネシスの中団で脚を溜めて、直線で突き抜ける競馬を期待

担当:モリモト

4番 クロノジェネシス
騎手 北村友一

前々走の阪神JF(G1)はスタートで2馬身ほど出遅れましたが勝馬ダノンファンタジーと接戦に持ち込んでの2着。位置取りやスタートひとつで優勝が入れ替わっていても不思議ではない内容です。前走のクイーンC(G3)は着差こそないものの走りの内容としてはまさに完勝でした。走りの質も高く桜花賞に向けて順調そのもの。鞍上の北村友一騎手は先週の大阪杯(G1)をアルアインと初制覇。個人的にここでG1を2週連覇を期待したいです。

 

相手 15番 ダノンファンタジー
騎手 川田将雅

新馬戦でのグランアレグリアに敗戦の2着以外は全て着差を付けて勝ち切っています。しっかりポジションの取れる馬ですが、前々走の阪神JF(G1)ではあえて控えた競馬を試してながらもG1を勝ち切ってしまうので器の大きさを感じます。前走チューリップ賞(G2)では本来の先行、好位置から差し切る競馬で勝利。普通に強く重視したいです。

 

16番 シゲルピンクダイヤ
騎手 和田竜二

前走のチューリップ賞(G2)で出遅れたが2歳女王ダノンファンタジーを上回る末脚を使って見事に2着。休み明け、未勝利勝ちから重賞を初挑戦という高いハードルをクリアし驚かされた。まだまだ底を見せていないだけに、クラシック本番で既成勢力を飲み込んでしまう不気味も十分にあります。

注意 14番 ビーチサンバ
騎手 福永祐一

前々走の阪神JF(G1)のダノンファンタジーやクロノジェネシスについで3着馬。前走のクイーンC(G3)は出遅れスタートからの競馬、4角で優勝馬クロノジェネシスと同じような位置から仕掛けて差し切れず2着。どんな展開でも終いしぶとい脚を使う馬で、厳しい流れになったときにこそ浮上の目が大きく、そろそろ逆転の目もありそうです。



馬単
軸 | 4
相手| 8, 9, 14, 15, 16
5通り 各1000円

合計 5,000円

⇒結果 8-16-4