11月18日(日)
3歳以上オープン
京都・芝1600m 定量

コース概要

 

向こう正面、第2コーナーのポケットからスタートするが、内回りの芝1600mより若干右寄りの位置。
3コーナーまでは一直線で、向こう正面半ばあたりから徐々に坂を上る。
3コーナー地点で頂上を迎え、4コーナーにかけて下りていくイメージ。
内回りよりもコーナーが緩いものの勾配がキツく、最後の直線はほぼ平坦。

展開

スタート後は平坦で初めのコーナーまでの距離が長く上り坂もあるため先行争いはそれ程激しくはならない。
その為逃げ馬や先行馬がラクにレースをすると、4コーナーの下り坂を利用してそのまま粘りこむことも多くなる。
差し馬の場合下り坂でポジションを上げつつスピードを上げ、その勢いのまま外から差してくるケースが目立つ。
枠順による優劣も他のコースと比べて少ない。

枠順の有利不利

内枠馬が有利な傾向。

有利な脚質

後ろからの脚を使える、差し、追い込み馬が活躍。

血統

アグネスタキオン、マンハッタンカフェ、オペラハウス産駒に注目。

登録馬

アエロリット,アルアイン,ウインブライト,エアスピネル,カツジ,グァンチャーレ,ケイアイノーテック,ジャンダルム,ジュールポレール,ステルヴィオ,ヒーズインラブ,ブラックムーン,ベステンダンク,ペルシアンナイト,ミッキーグローリー,モズアスコット,レッドアヴァンセ,レーヌミノル,ロジクライ,ロードクエスト

 

11月11日(日)
3歳以上牝馬オープン
京都・芝2200m 定量

コース概要

 

正面スタンド、直線入り口付近からのスタート。
1~2コーナーは平坦で、向こう正面バックストレッチ半ばから徐々に坂を上る。
3コーナー付近で頂上を迎え、4コーナーにかけて下るというレイアウト。
外回りの分コーナーは緩いが、傾斜がキツいという特徴がある。

展開

スタンド前の発走なので気性面で不安のある馬は気を使いたい所。
スタートから初めのコーナーまでの距離が短くなく普通程度。
先行争いも激しくならない。
1.2コーナーが急であることと向正面の上り坂もありペースも落ち着きやすい。
内外関係なく好位でレースを進める馬が有利。
また3コーナー過ぎの下り坂を利用し、スピードを上げて直線もその勢いのまま良い脚を長く使うケースも目立つ。
外回りコースなので4コーナーを回った後、内にスペースが空きやすく内々を周っても詰まるケースは少ない。
騎手の技量も問われやすいコース。

枠順の有利不利

内枠馬が有利な傾向。

有利な脚質

逃げ馬、先行馬など、前に行ける馬が活躍。

血統

ディープインパクト、ジャングルポケット、ホワイトマズル、マヤノトップガン産駒に注目。

登録馬

アドマイヤリード,ヴァフラーム,エテルナミノル,カンタービレ,キンショーユキヒメ,クロコスミア,コルコバード,スマートレイアー,ノームコア,ハッピーユニバンス,プリメラアスール,フロンテアクイーン,ミスパンテール,モズカッチャン,リスグラシュー,レイホーロマンス,レッドジェノヴァ,ワンブレスアウェイ

 

11月3日(日)
3歳以上オープン
東京・芝2500m ハンデ

コース概要

 

4コーナーよりのスタート。
スタート直後から上り坂になっている為、直線の坂を2回上ることになることが大きな特徴といえる。
初めのコーナーまでの距離も長い。
1コーナーから向正面にかけてゆっくりと下り、向正面半ばで一旦上り坂になる。大きく緩やかなカーブの3コーナーへ向かって下りつつ4コーナーからジワジワと上るレイアウトとなっている。

展開

スタート直後に上り坂があることや始めのコーナーまでの距離が長い為先行争いは激しくならない。
直線が長くても好走馬の多くは逃げ~差し馬。
特に内をロスなく進めてきた馬の好走が多い。
その為トラックバイアスによる大逃げも決まりやすく、展開を予想する上で注意が必要となる。
先行し長く良い脚が使える馬が理想的といえる。

枠順の有利不利

中枠の4枠、6枠馬に注目。

有利な脚質

先行馬、差し馬が活躍。

血統

マヤノトップガン、ディープインパクト、ゼンノロブロイ産駒に注目。

登録馬

アクションスター,アルバート,ウインテンダネス,ヴォージュ,エンジニア,ガンコ,ジナンボー,トウシンモンステラ,トレジャーマップ,ノーブルマーズ,パフォーマプロミス,ヘリファルテ,ホウオウドリーム,マコトガラハッド,ムイトオブリガード,ルックトゥワイス

 

10月28日(日)
3歳オープン
東京・芝2000m 定量

コース概要

 

東京芝2000m戦のスタートは1コーナーの奥からのスタートとなる。
コーナーは全てで3つとなるコース形態。
2コーナーまでの距離が短いと2コーナーが急カーブであることが大きな特徴である。
スタート後は平坦でジワジワと長い下り坂を迎える。
向正面で一旦上り坂にそこから3コーナーに向かって下り坂になる。
直線は長く525.9m。
高低差2.1mの上り坂を駆け上がる。

モリモト
今年の天皇賞秋はダービー馬が3頭出走です。

 

展開

スタート直後から初めのコーナーまでの距離が短い為、枠順の有利不利が大きくなる。
外枠の逃げ~先行馬にとってはコースロスになり、内に入れることが出来ないままレースをすることになる。
またコーナーが急である事から、内枠の差し馬も外から被せられる為、スムーズにコーナーを曲がれるかが重要になってくる。
その為2コーナーをロスなくスムーズに回って来れた先行馬~差し馬の好走が多くなる。

枠順の有利不利

内枠馬が有利な傾向で、外枠は不振傾向。

有利な脚質

後ろからの脚を使える、差し、追い込み馬が有利な傾向。

血統

ディープインパクト、ステイゴールド、アグネスタキオン産駒に注目。

登録馬

アクションスター,アルアイン,ヴィブロス,キセキ,サクラアンプルール,サングレーザー,ステファノス,スワーヴリチャード,ダンビュライト,ディアドラ,ブラックムーン,マカヒキ,ミッキーロケット,レイデオロ,ワグネリアン

10月21日(日)
3歳オープン牡牝
京都・芝3000m 馬齢

コース概要

 

向こう正面第3コーナー手前の上り坂からスタートするコースで、コーナーまではわずか200mしかない。
4コーナーを回った最初のホームストレッチで、いかに折り合いを付けられるかがカギとなる。
1コーナー、2コーナーを回りバックストレッチへ。
2回目の3コーナーに向かうところで、再度高低差4.3mの坂を上り4コーナーにかけて下っていく。

展開

スタートしてすぐ1回目の丘越えに差し掛かることや長距離戦も意識しているため、先行争いは激しくならない。
1週目の下り坂で逃げ馬は後続をジワジワと離し、差し馬は掛からないように抑えつつ下る為縦長の馬群になりやすい。
1周目の直線では引っ掛からないように馬を抑えつつ進める。
逃げ馬と差し馬の差が大きくなるポイントになる。
2周目の3コーナーから坂を下りながら各馬ペースアップする。
直線は長く上がりの競馬になりやすい。
下り坂を利用した長くいい脚を使う馬の好走が多く、騎手のペース判断も重要になってくる。

枠順の有利不利

内枠馬が有利な不振傾向。

有利な脚質

先行力のある馬、中でも先行馬が有利な傾向。

血統

エルコンドルパサー、ダンスインザダーク産駒に注目。

登録馬

アイトーン,アフリカンゴールド,エタリオウ,エポカドーロ,オウケンムーン,カフジバンガード,グレイル,グロンディオーズ,グローリーヴェイズ,コズミックフォース,ゴールドフラッグ,ジェネラーレウーノ,シャルドネゴールド,ステイフーリッシュ,タイムフライヤー,ドンアルゴス,フィエールマン,ブラストワンピース,メイショウテッコン,ユーキャンスマイル